アコムの借り方

MENU

アコムという消費者金融とは?キャッシングを利用するメリットは多い!

消費者金融の中でもテレビCMや駅・インターネットでの広告を見ることの多いアコム株式会社は、最も多くの人に知られているキャッシングサービスの1つと言えます。

 

アコムは国内の消費者金融業界の一角を担う存在でもあり、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ、いわゆる銀行系消費者金融です。そんなアコムでは次の3つの事業を行っています。

  • ローン事業
  • クレジットカード事業
  • 信用保証事業

【引用:アコム「企業情報」

消費者金融といえば上の1つ目のローン事業しか行っていないように思えますが、このようにアコムの場合には他のキャッシングサービスにはない特色もあるのです。と言うことでアコムの事業の歴史をカンタンに説明するとこのような感じになります。

 

アコムの事業の歴史

西暦(年)・月 アコムの事業の流れ

1978・10

東京都中央区日本橋に消費者金融「アコム株式会社」設立

1983・12

関東財務局に貸金業者として登録

1993・7

業界初の自動契約機「むじんくん」を新宿と博多に設置

1999・4

クレジットカード事業の開始、MastercardRの発行

2001・5

保証事業を開始(北海道銀行の無担保ローン)

2004・3

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループと戦略的業務・資本提携

2004・12

東京都千代田区丸の内に本店所在地を変更

2007・6

消費者向け無担保ローンの新規融資の上限金利を18%に引下げ
楽天銀行と業務提携
株式会社三菱東京UFJ銀行・個人向けカードローンの保証会社の取扱い開始

2008・7

スルガ銀行の事業ローンの保証会社の取扱い開始

2008・12

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社となる

2013・9

信用保証事業の子会社(エム・ユー信用保証株式会社)を設立

【アコム「沿革」より抜粋】

 

アコムには上記のようなローン事業やクレジットカード事業、信用保証事業の歴史があるので、以下ではカードローンを中心としてそれぞれの事業について解説していくことにします。

 

アコムのローン事業には3つの商品がある

皆さんがアコムでキャッシングする場合には、このローン事業を利用することになるのですが、具体的にはアコムには3つのローンが用意されているんです。

  • カードローン(働く女性のカードローン)
  • 貸金業法に基づく借換え専用ローン
  • ビジネスサポートカードローン

アコムには使い道自由なカードローンはもちろん、借金の一本化や事業者のための専用ローンが用意されています。

 

女性専用もあるアコムのカードローン、その特徴とは?

アコムのカードローンには女性専用の窓口が設けられていて、働く女性のカードローンという名前も付けられています。女性のスタッフが対応してくれるので、初めてキャッシングを利用するOLさんや働く主婦の方も気楽にカードローンを利用できるようになっているんです。

 

ただし女性専用のカードローンであってもその内容は通常のカードローンと同じであり、審査の通りやすさについても同様となっています。アコム「働く女性のカードローン」

 

そんなアコムのカードローンの特徴を紹介するとこのような感じになります。ただし、契約極度額と金利については2016年7月4日に改定され、以下のように利用可能な金額が増えたため最低金利の方もそれに連れて低くなっています。(以前の契約極度額は500万円)

  • 契約極度額:1万円〜800万円
  • 金利:3.0%〜18.0%、初回の利用で契約日の翌日から30日間無利息(30日間金利0円サービス)
  • 借入れ対象者:20歳以上69歳以下
  • 審査回答:最短30分
  • 即日融資:可能(平日14時30分までの振込依頼・むじんくんでのカード発行)
  • 返済方法:定率リボルビング方式

アコムでは業界で最多の契約極度額となっていて、最大800万円までの借入れが可能になっています。ただし、総量規制という法律があるため、800万円のキャッシングをするにはその3倍の2,400万円の年収が必要であり、金利の高さを考えるならば銀行のローンの方がおすすめと言えるでしょう。(参考:総量規制とは

 

アコムの金利は銀行より高め、ただし無利息サービスはおすすめ!

アコムのカードローンで特に注目したいのは、やはり30日間金利0円サービスです。大手の消費者金融や銀行カードローンのごく一部では無利息サービスを提供しているところもありますが、アコムでも利息なしでお金を借りれるサービスがあるんです。

 

ただし、無利息サービスの利用には以下のような条件があります。

  • アコムを初めて利用すること
  • 35日ごとの返済方法を選択すること

アコムの「30日間金利0円サービス」の場合、無利息期間の適用は契約日の翌日となり、借入の翌日から適用となるプロミスとは異なったシステムとなっているため、注意が必要です。(参考:アコム「金利0円適用期間について」

 

つまり、アコムで30日間という無利息期間を有意義に利用するのであれば、取り敢えずカードだけでも作っておこうという緊急性の低い時でなく、今すぐキャッシングしたい!という即日融資を希望するような時の方がおすすめとなるのです。

 

アコムの審査は最短で30分回答!どうしてそんなに速いの?

消費者金融とは言っても、アコムは大手なので申込みする人も多く審査に時間がかるのではないかと思われがちですが、実際には全く逆であり大手だからこそ迅速な審査が期待できるのです。

 

アコムの審査は最短30分で回答をもらえるようになっています。これならば当日中のキャッシングも期待できますよね。実際に平日の午後2時50分までに振込依頼ができれば、即日融資も可能になるため、早い時間帯に審査に通ることができれば、申し込んだその日にキャッシングできる可能性が高くなるんです。

 

アコムは親会社の三菱東京UFJ銀行やその他の銀行のカードローンの保証会社にもなっているほど、迅速な審査を誇る消費者金融となっています。では、アコムの審査はどうしてそんなに速いのでしょうか。

 

その理由には長い歴史が関係していると言えるのです。アコムは個人向けの無担保融資を開始してから長い年月に渡り今日まで豊富な経験とデータを積み重ねてきました。

 

そして、スコアリングシステムによる審査体制により、個人の属性を点数化して合計した数を審査結果に反映し、早く偏りのない審査を実現しているのです。
このようにしてアコムでは豊富な経験やデータ、システムにより最短30分というスピードで審査を行っています。

 

今すぐお金借りたい時でもアコムなら即日融資も可能!

アコムの審査は速いため即日融資の期待もできるのです。通常ならば平日の午後2時30分までに審査に通過して振込み依頼をすることができれば、当日中の振込キャッシングも利用可能です。

 

ですが、審査に時間が掛かったり申込みの時間が遅かったことなどにより振込みの依頼がこの時間を過ぎてしまった場合どうしたら良いのでしょうか。

 

即日融資を受けるには制限時間があり、しかもそれほどの猶予もないというのは一般的なキャッシングの知識と言えますが、アコムならばそんな時であっても意外に時間的余裕を持つことが可能です。

 

アコムには業界初の自動契約機であるむじんくんがあります。この場合、ネットでのキャッシングはできませんが、自動契約機ならば申込みからカードの発行までの手続きを全てこの1台で済ませることができるので、振り込み可能な時間を過ぎてしまっても土日を含む午後9時までむじんくんでカードを即日発行してもらえる可能性があります

 

その後は備え付けのATMやコンビニに設置されているATMから即日でお金を借りることが可能になるので、振込受付けの時間外となってしまった場合には、むじんくんへ急ぎましょう。

 

 楽天銀行口座があれば24時間振込み可能!

 

口座への振込みによる即日融資を希望するのであれば、基本的には銀行が振込の受付けをしている時間内に振込の申し込みをする必要がありますが、多くの人が利用していると思われるネット銀行の楽天銀行口座を持っている方ならば、基本的には24時間振込み可能となっているのです。

 

その速さは振込依頼から最短10秒というスピードであり、夜中に突然お金が必要になった時にも瞬時にキャッシングすることが可能になるのです。

 

アコムの返済金額は契約極度額により決まる

アコムで無事にキャッシングできれば、とりあえずは一安心ですね。ですが、忘れてはいけないのが返済であり、最低でも審査の際に設定された契約極度額に一定の割合をかけた金額が毎月必要になります。

 

この返済方法は定率リボルビング方式ということになり、数ある有名なカードローンの中でも唯一アコムだけが採用しています。

 

毎月の返済額を決める一定の割合がどのくらいになるかは契約極度額により決まり、同時に返済の負担の重さを左右することにもなるため、借入れの希望額は必要最低限に留めることをおすすめします。
そのため、アコムで借入れをする際には、どの位の金額ならば一定の割合が何%になるのかを確認した上で、借入希望額を決める必要があるでしょう。

 

アコムの毎月の返済金額は以下で表にまとめてありますので、参考にしてください。また、借入後に追加のキャッシングがない場合の返済率に対する返済回数はこのようになっています。

 

アコムの返済金額(定率リボルビング方式)

契約極度額 返済率 返済回数

1万円〜30万円

借入金額の4.2%以上

1回〜31回

30万円超〜100万円未満

借入金額の3.0%以上

1回〜51回

 

 

100万円〜800万円

借入金額の3.0%以上

1回〜51回

借入金額の2.5%以上

1回〜61回

借入金額の2.0%以上(毎月払いのみ)

1回〜89回

借入金額の1.5%以上

1回〜100回

 

定率リボルビング払いでは、契約極度額が大きいよりも小さい方がより基本となる一定の割合が高くなるように設定されています。

 

例えば、アコムから50万円の借り入れをした場合には3%をかけた金額が最低返済額となります。一度設定された返済額は完済まで続くため、残高が30万円になった場合でも返済率はそのまま3%となるのです。

 

一方、30万円が契約極度額となっている人の返済率は4.2%であり、これは50万円を借りた人よりも返済率が高いことになります。このようにより少ない利用額に、より高い返済率が設定されているのです。

 

この場合、毎月の返済額は少ない方が資金的にも余裕が出ますし、利用しやすいキャッシング商品と言えるのですが、返済が長引くことにより余計な利息を支払う結果ともなるため、借入れの残高が少なくなってきたら、繰上げ返済をすることをおすすめします。

 

貸金業法に基づく借換え専用ローンなら総量規制の例外

消費者金融からキャッシングする時には、貸金業法で定められている総量規制により年収の3分の1までしか利用ができません。ですが、アコムではこの金額を超えてしまう場合や複数の借金の返済に困っている人を対象とした商品が用意されているのです。

 

それが貸金業法に基づく借換え専用ローンとなりますが、総量規制の例外として利用できるアコムのおまとめローンは、年収の3分の1となる金額を既に借りてしまっている場合でも利用できる金融商品であり、そのポイントは主に3つあります。

  1. 毎月の返済や利息の負担を軽減
  2. 返済日を毎月1回にできる
  3. 借入残高を段階的に減らせる

【参考:貸金業法に基づく借換え専用ローン

1万円〜300万円までが契約極度額であり、金利は7.7%〜18.0%という内容になっているアコムの借り換えローンとは、言い換えればおまとめローンということになりますが、これら3つのポイントについて以下で詳しく説明していきます。

 

ただし、以下のことには注意しましょう。

アコムの借り換えローン、ココに注意!

※借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限ります。
(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外)
【引用:貸金業法に基づく借換え専用ローンのポイント

 

毎月の返済や利息の負担を軽減

例えば、3社からの借入れがある人が毎月の返済を負担を減らしたい時に、アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンを利用した場合には、このような感じとなるのです。

 

現在の返済状況

消費者金融A 消費者金融B 消費者金融C 借入額合計

50万円(金利20%)

毎月返済額:13,000円

(返済回数:62回)

利息総額:305,000円

30万円(金利18%)

毎月返済額:11,000円

(返済回数:36回)

利息総額:89,000円

40万円(金利20%)

毎月返済額:11,000円

(返済回数:57回)

利息総額:220,000円

120万円

返済額合計:35,000円

利息合計:614,000円

 

毎月の返済額を減らしたい!

アコムで借換え専用ローンを利用(毎月の返済の負担を軽減したい場合)

借り換えの金額:120万円

(金利15%)

毎月の返済額:24,000円

(返済回数:79回)

11,000円の減少

利息総額:695,000円

利息の支払額が81,000円増加

 

支払う利息の総額を減らしたい!

アコムで借換え専用ローンを利用(現状通りの返済額を毎月支払う場合)

借り換えの金額:120万円

(金利15%)

毎月の返済額:35,000円

(返済回数:46回)

利息総額:377,000円

利息の支払額が237,000円減少

このように、おまとめローンは毎月の返済額を現状よりも少なくする、あるいは支払う利息の総額を少なくすることを目的としたローンとなります。
ただし、借り換え前に高い金利で高額の借金をしている場合には返済額と利息のどちらの負担も軽減することは可能でしょう

 

毎月の返済額を減らす場合、その分返済期間は伸びてしまうものの金額を少なくして最少返済額を支払って行くことが可能です。アコムの借り換えローンは最長で13年7か月(返済回数:2〜162回)となっていますので、時間が掛かっても完済したい方にはおすすめと言えるでしょう。【参考:貸金業法に基づく借換え専用ローン「商品概要」

 

ただし、上の表のように返済期間と利息の総支払額が現状よりも大きくなることもあるため要注意です。

 

一方、現状と同じ金額によりおまとめローンで返済をして行く場合には、支払う利息の総額を大幅に減らすことも可能です。このようにして返済シミュレーションを活用しながら目的に合わせてアコムの借り換えローンを上手に利用していきたいものですね。

 

返済日を毎月1回にできる

複数もの借金があると、毎月の返済日の管理も大変になります。例えば、3つの消費者金融でお金を借りればそれぞれ返済も3カ所にする必要があり、それぞれの日にちが異なる場合には1カ月に3回も返済日がくることになるのです。

 

これがキャッシング返済だけしかないのであれば楽ですが、携帯代や公共料金の支払いなどと重なると、どの支払いが何日だったのかということをつい忘れてしまうこともあるでしょう。

 

そうなってしまうと、返済意欲も薄れてしまい返済が遅れた場合には遅延損害金の支払いも必要になるため、キャッシングの返済日はできれば月1回にしたいものですね。そんな時にもアコムのおまとめローンは複数の借金をまとめることができるため、毎月の返済日が1回だけになるので便利なのです。

 

借入残高を段階的に減らせる

総量規制の例外貸付けとなるアコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは、顧客に一方的に有利な借り換え、あるいは段階的に債務を減らす借り換えとなることを条件として利用できる金融商品であり、同時にそれはメリットともなっています。(参考:総量規制オーバーなら、おまとめローンがおすすめ!

 

おまとめローンを利用することにより金利を下げることが可能になるため、利息の節約ができますし、そうすることで支払いの総額も減らすことが可能になるのです。借金の残高を段階的に減らしていくおまとめローンは、一度に借金を減らすことができる債務整理とは違い、多重債務に困った時にコツコツと完済する最後の方法と言えるでしょう。

 

アコムのビジネスサポートカードローンは即日融資も可能!

アコムにはカードローンや借り換えローンの他にも個人事業主専用ローン「ビジネスサポートカードローン」もあるのですが、その内容は以下のようになっています。

  • 契約極度額:1万円〜300万円
  • 金利:12.0%〜18.0%
  • 借入れ対象者:業歴1年以上の個人事業主であり、当社基準を満たせる人
  • 審査回答:最短即日
  • 即日融資:可能(むじんくんでのカード発行)
  • 返済方法:定率リボルビング方式

【参考:ビジネスカードサポートローン

 

上記の中でも特質するべきポイントは、即日融資も可能ということです。個人事業主向けの専用カードローンであるため、個人向けのカードローンよりも手続きに時間が掛かってしまうのではないかという心配があると思いますが、この場合でもむじんくんからの即日カード発行が可能になっているんです。

 

そのため即日融資も可能になっていて、申込みの当日からの利用もできるので急に事業資金が不足した時にも頼りになる商品と言えます。

 

ビジネスサポートローンを利用するメリットとは?

ビジネスサポートローンには即日融資が可能という大きなメリットがあるのですが、実はその他にも便利なポイントがあるんです。

  • 年収の3分の1以上の借入れが可能
  • カードローンと同じように借入限度額の範囲で何度でも借入れが可能
  • 契約希望額と他社との合計が年収の3分の1を超えても利用可能
  • アコムのカードローンからの切替えも可能
  • 使い道自由

総量規制で決められている借入金額の制限は、個人向けのキャッシングに限られているため、個人事業主の借入れについては対象外となっています。そのため、年収の金額により貸金業者からの借入額が制限されることはありません。

 

つまり、アコムのビジネスサポートカードローンならば、個人向けのカードローンで年収の3分の1を既に借りてしまい更にキャッシングが必要となった時には、使い道自由であり総量規制の制限を受けないビジネスサポートカードローンで新たな借入れができるということになるのです。

 

消費者金融で唯一のクレジットカード「ACマスターカード」

アコムには消費者金融で唯一クレジットカードがあるのです。
しかもこのクレジットカードは2種類の中から選択可能になっています。

  1. ACマスターカード(カードローン付き)
  2. ACマスターカード(ショッピング専用)

ACマスターカード(カードローン付き)は、ショッピングとキャッシングのどちらにも使えるという便利な1枚となっているため、キャッシングカードとクレジットカードの2枚を持つ必要がないことでも使い勝手が良いと言えるでしょう。

 

利用限度額についてはショッピングとキャッシングでの多い方の金額となりますが、その内訳としてそれぞれの限度額を超えての利用は不可となっています。
【参考:アコム公式ページ「クレジットカード(ACマスターカード)」

 

またACマスターカード(ショッピング専用)はキャッシングには利用不可でありショッピングのみに使えるカードとなっているんです。クレジット機能だけならば他の銀行系や流通系・信販系のものでも良いと考えるかも知れませんが、三菱東京UFJ銀行グループのカードでありながら、消費者金融の基準で審査を受けられるというメリットがあります。

 

と言うことで、カードローン付きとショッピング専用の2つのタイプのあるACマスターカードの具体的な内容(スペックとメリット)はこのようになっているのです。

 

ACマスターカードのスペックとメリット

アコムACマスターカードのスペック

利用限度額

ショッピング:10万円〜300万円、カードローンとの合計で最大800万円まで

金利・手数料(ショッピング)

金利:3.0%〜18.0%、手数料:10.0%〜14.0%(翌月6日までの一括返済で手数料不要)

利用条件

20歳以上69歳以下の安定収入がある人、専業主婦は利用不可

返済方法

35日ごと・毎月指定日のどちらか(口座振替は6日)

クレジットカードの年会費

無料
アコムACマスターカードのメリット

自動契約機からクレジットカードの発行が可能

最短で即日カード発行ができるため、他のクレジットカードよりも早く利用できる(2018年4月時点で全国342店舗)

利用明細書の郵送なし

書面の受取方法で「アコムホームページで確認」を選択

返済はリボ払い

ショッピング時に「1回払い」と言ってもリボ払いで返済できる

カードの券面にアコムの表示がない

「アコム」の文字が印刷されていないため、世界中でマスターカードとして安心して使える

他のクレジットカードより審査に通りやすい

安定した収入があり返済能力があれば信用を得やすい【参考:ACマスターカードの審査は甘いって本当?

【参考:ACマスターカード完全ガイド

 

このようにアコムのクレジットカードにはメリットが多いので、それぞれのニーズに合わせて選択し便利に利用してみると良いかも知れませんね。またクレジットカードを1枚も持っていないという方にもおすすめできる1枚と言えるでしょう。

 

アコムの信用保証事業

アコムはカードローンや借り換え、ビジネス専用ローンなどのローン事業、そしてクレジットカード事業の他に信用保証業務も行っています。信用保証事業についてはアコムの公式サイトでこのように紹介しています。

信用保証とは

信用保証事業とは、提携先金融機関のローンを利用されるお客さまの債務保証を行うビジネスで、保証残高に一定の比率をかけた保証料が主な収益源となっています。ローン事業で培ってきた高度な与信・審査ノウハウと債権回収ノウハウを活用し、現在、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンククイック)及び有力地方銀行を中心に提携ネットワークを拡げています。
【引用:アコムの事業「信用保証とは」

このようにアコムでは個人向けの無担保ローンの保証業務を行っていて、同時に審査も行っているため提携先の金融機関のローン審査は以前より格段に早くなっているということです。またアコムでは上記のように保証料を利益として得ているため、両者は持ちつ持たれつの関係と言えるでしょう。

 

アコムの提携銀行の数は29行

平成28年10月時点でアコムと提携している銀行の数は29行あるということです。提携銀行の数は

 

都市銀行では三菱東京UFJ銀行のみとなっていますが、地方銀行では北海道銀行やスルガ銀行を初めとして全国のどの地域にもアコムと提携している銀行はあります。またネット銀行については以下の3行が業務提携を結んでいるのです。

  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行

関連ページ

アイフルのキャッシングローンとおすすめなポイントとは?
アイフルは大手消費者金融の中で銀行と関連した経営をしていない唯一の独立系消費者金融です。取扱いの商品は多く、カードローンの他にもおまとめローンや個人事業主などのためのローンがありますが、コチラでは女性専用カードローン「SuLaLi」のメリットについて紹介しています。
中堅消費者金融エイワからキャッシングする!
キャッシングエイワは中堅の消費者金融であり、誰もが知っている貸金業者とは少し違うサービス内容となっています。そこにはメリットとデメリットの両方が存在していますので、コチラでそれぞれについて解説しています。
スルガ銀行グループ「ダイレクトワン」でキャッシングするには
スルガ銀行グループにはダイレクトワンという消費者金融があります。大手のサービスのようにカードが利用できるキャッシングであり、必要な時にキャッシングや返済がATMからでも利用できます。コチラではダイレクトワンで即日キャッシングをするためのおすすめなどについて解説しています。