MENU

キャッシング返済は約定日より翌日がおすすめ!すぐ返すメリットとは?

急な出費のために給料日まで必要な生活費が足りなくなったということもあると思います。そんな時に「給料日になったらすぐ返すから、それまでお金貸して!」と言える相手がいるなら良いのですが、それでも都合よくお金を借りることができないこともありますし、それ以前にそんな人はいないという場合もあるでしょう。

 

そんな時には、キャッシングを利用するというのも金欠の対処法の1つと言えます。給料日までの繋ぎとして借りるならばすぐ返すことができますし、前日に借りるなら翌日返済も可能です。カードローンキャッシングを利用するのは抵抗があるという方にもこのように借りてすぐ返す利用方法ならばおすすめできるんです。

 

キャッシングの返済は基本的に約定日返済となっていますが、もちろんそれよりも早く返済することも可能ですし、そのことによるメリットもあるのです。以下ではすぐ返すことや翌日返済が可能ならばが、約定日を待たずに返済した方がおすすめとなる理由について解説していきます。

約定日返済

カードローン、キャッシングにおける約定日とは、契約時に定めた毎月の指定支払日をいいます。
【引用:ローン用語辞典

 

キャッシングで借りたお金をすぐ返すメリットとは?

キャッシングを利用してお金を借りる時に不安を感じることと言えば返済かも知れませんね。それは利息がどのくらい掛かるのか分らないということも理由となっているのでしょう。返済には借入れの元金だけでなく利息の支払いも必要になるからです。

 

それでもキャッシングの返済に必要となる利息の金額とは、以下のように実際にお金を借りた日の翌日からカウントが始まり(参考:民法条文解説、実際に返済する日までの日数分を借入元金と利率で掛け算して出した答えということになります。

利息の金額=借入元金×利率÷365日×借入日数

この時に翌日返済や、それが無理でも比較的すぐ返すことができるなら、利息の金額も気にならないかも知れません。実際に借入後1日で翌日返済する場合と、長くても10日間で返す場合の利息はこのようになります。(※金利は一般的な例として設定)

 

利息の金額は返済までの日数により変わる

金融機関・カードローン名 金利 借入れの日数 10万円借りた時の利息

銀行カードローン

14%

1日(翌日返済)

38円

2日

76円

5日

191円

7日

268円

10日

383円

 

消費者金融

 

18%

1日(翌日返済)

49円

2日

98円

5日

246円

7日

345円

10日

493円

街金融

 

20%

1日(翌日返済)

54円

2日

109円

5日

273円

7日

383円

10日

547円

 

 

闇金融

 

 

 

 

トイチ(10日で1割)

 

 

1日(翌日返済)

1,000円

2日

2,000円

5日

5,000円

7日

7,000円

10日

10,000円

(円未満切捨て) 

借りたお金を1日や2日ですぐ返すことで数十円という利息で済みますし、このことが翌日返済する最大のメリットと言えるのです。

 

また、サラリーマンならば給料日やボーナス支給日、自営業の方なら売上代金の入金日などが間もなく来るという場合、翌日返済は無理だとしてもあと数日間で一括返済できるということもあるでしょう。

 

このような時にもカードローンキャッシングはとても便利と言えますし、約定日返済で毎月返済をしていくのも良いですが、利息の支払い額を最小限にしたい時におすすめなのが借りてすぐ返す利用方法となるのです。

 

また、闇金ではトイチ(10日で1割)のような法外な金利でお金を貸しているため、10万円を10日間借りた場合には1万円もの利息を取られることになります。そのため、翌日返済をした場合でも利息は1,000円も掛かってしまうことになるのです。

 

翌日返済できる予定があったり、すぐ返す積りであっても想定外のことが起きてすぐに返済できない事態になることもありますので、高金利の悪徳業者からお金を借りることは避けましょう。

 

キャッシングしたお金をすぐ返すのが無理なら無利息がおすすめ

キャッシング返済は1日でも早ければ早いほど支払う利息を減らすことができます。借りた日の翌日返済や借入れから数日後にすぐ返すことができるならば、基本的には闇金以外ならば何処で借りても利息を気にする心配はないと言えます。

 

ですが、すぐ返すことができるか不安であったり、そこまで早く返済するのは難しいと初めから分かっている場合もありますよね。それでも少しでも支払う利息を少なくしたいと思う方も多いハズですし、それならば初めから無利息サービスのあるカードローンを選んでキャッシングするのがおすすめとなります。

 

なぜならば、借りたお金をすぐ返すことができなくても無利息期間中に返済すれば「利息0円」にすることができるからです。
無利息サービスが利用できる金融機関は意外にも多く、ネットで多く紹介されているカードローンサービスの他にも同様のサービスを実施している所はいくつかあります。

 

無利息サービスが利用できるキャッシング

金融機関名 無利息となる期間 利用条件

プロミス

30日間

初回利用のみ

  • メールアドレスの登録
  • WEB明細書の利用登録

プロミス30日間無利息サービス

アコム

30日間

初回利用のみ

  • 返済方法に「35日ごと」を選択

アコム30日間金利0円サービス

アイフル

30日間

初回利用のみ

アイフル30日間利息0円サービス

ノーローン

1週間

初回利用のみ(完済後は翌月以降も1週間無利息)

なんどでも1週間無利息

アイシーローン(中堅消費者金融)

30日間

初回利用のみ

30日間無利息キャンペーン

フタバ(中堅消費者金融)

30日間

初回利用のみ

フタバ30日間無利息サービス

新生銀行カードローン レイク

30日間

180日間

初回利用のみ

  • 30日間無利息は200万円まで
  • 180日間無利息は5万円まで

レイクの2つの無利息ローン

ジャパンネット銀行・ネットキャッシング

30日間

初回利用のみ

ネットキャッシング無利息特約

楽天銀行カードローン

30日間

初回利用のみ

  • 楽天銀行口座開設と楽天銀行スーパーローンの同時申込み・契約
  • 楽天銀行スーパーローンの返済口座を楽天銀行口座に指定する

楽天スーパーローン無利息特約

愛媛銀行カードローン

30日間

初回利用のみ

WEB契約の場合

ひめぎんクイックカードローン

静岡銀行カードローン

最大45日間

初回利用のみ

  • キャッシュバックによる(契約日から起算して翌月または翌々月の約定返済日の前日まで)

静岡銀行カードローン・セレカ

【参考:お金を借りる案内所

 

このように無利息サービスはネットの口コミでも人気の大手の消費者金融の他、街金や銀行カードローンにもいくつかあるのです。金利については様々な設定となっていますが、無利息期間中に完済できるのならば安心と言えるでしょう。

 

また、過去には住信SBIネット銀行トマト銀行のカードローンなどでも期間限定で無利息キャンペーンを展開していたこともあり、無利息となる期間も30日だけでなく2ヶ月や3ヶ月といった長期であったということなので、定期的にキャンペーン情報をチェックすると良いでしょう。(参考:30日間無利息で一番おすすめはココ!【無金利で借りる】

 

ただし利用には条件がある場合もありますので要注意となる他、闇金でも30日間無利息を謳っている場合もあるので、有名でないキャッシングサービスの利用は慎重に行う必要もあるのです。

 

関連ページ

キャッシング地獄になる理由を知れば回避や解決も可能!
キャッシング地獄になる理由を知ることは安心してキャッシングや返済をしていくために必要と言えます。コチラではこんなキャッシングは危険、こんな返済方法はおすすめできないなどの解説をしていますので、返済に困った時などに参考にしてみてください。