海外旅行 クレジットカード キャッシングする方法

MENU

日常生活だけではない、海外旅行先でも頼りになるクレジットカード

クレジットカードを最低でも1枚は持っているという方は多いと思いますが、その使い道と言えば次の2通りがありますよね。
  • ショッピング代金の一括返済やリボ払いによる後払い
  • キャッシング枠を利用する現金の借入れ
なかには1人で何枚も持っているという方もいると思いますが、基本的にはクレジットカード1枚あればどちらの用も足りてしまうことは多いでしょう。これは日常生活だけでなく例えば海外旅行に行く時にも役に立つ1枚となってくれます。

ただし、普段利用しているクレジットカードを海外旅行で使う場合、果たして安心して使えるカードなのか事前にチェックしておく必要があるんです。また、海外で現金が不足した時に現地で行うクレジットカードのキャッシングのやり方についても旅行に出発する前にきちんと理解しておく必要もあります。

と言うことで、コチラのページでは以下のことについて解説しています。
  • 海外旅行でクレジットカードの利用がおすすめとなる理由
  • クレジットカードを使って海外でキャッシングするやり方
  • 海外に行く時におすすめのクレジットカードとは

海外旅行でクレジットカードの利用がおすすめとなる理由

海外の海の画像(タイのパタヤビーチ)

普段からクレジットカードを利用している方ならば、海外旅行先でも同じように利用することも多いでしょう。ですが、普段は現金主義でクレジットカードは1枚も持っていないという方も中にはいると思いますが、海外旅行に行くからこそクレジットカードの利用がおすすめとなる理由があるのです。
  • 多額の現金を持ち歩くのは危険
  • クレジットカードを持っていると海外での信用力が増す。
  • 海外旅行でのアクシデントに対応してくれる保険機能が付帯されている
  • 現地で困った時にサポートを受けられる
  • クレジットカードでの支払いが最もスマートいう流れになっている
【参考:クレジットカードが必要な理由

多額の現金を持ち歩くことの危険性を回避
海外旅行に行く時には、当然それなりの費用を用意することでしょう。昔は日本円を外貨に両替したり、数年前までは多く販売されていたトラベラーズ・チェックを購入したりと、旅行先で使うお金の準備をする必要がありました。

時代が変われば犯罪も多様化しますし、また海外は日本ほど治安が良くないということで、現在では盗難やその他の犯罪に巻き込まれる危険を回避したり、また両替した外貨でお財布の中身がかさばってしまうのを防ぐキャッシュレスの目的もあり、現在ではクレジットカードを主に海外旅行先で支払いの手段として利用する人も多くなっています。

万が一クレジットカードが盗難に遭ってしまった場合には、速やかにサポートセンターへ連絡をしてカードの使用をストップしてもらえば被害を最小限に留めることが可能になるのです。この点でもクレジットカードは現金を持ち歩くよりも安全であり便利と言えますね。

またクレジットカードがあれば、お財布に入れておく現金は最小限に留め、現金が足りなくなったらキャッシングして当面必要となる資金を調達するという使い方もできますし、現地での通貨でキャッシングできますので事前に日本円を現地通貨に両替しておく手間もありませんし、両替に掛かる手数料も不要となるのです。

クレジットカードを持っていると海外での信用力が増すことも
クレジットカードを持っているということは、カードを発行している会社においてその人の身元がハッキリしていることの証明にもなります。そのため、クレジットカードは身分証明書の代わりにもなるんです。

またこの身分証明書となるクレジットカードが無い場合、例えば海外での宿泊先のホテルでデポジットという宿泊費用とは別となる料金を保証料として預り金をチェックアウトまで預けなくてはいけなくなるのです。(参考:海外のホテルではデポジットが必要です!

それでもクレジットカードがあれば、このデポジットとして現金を預けずに済みます。
クレジットカードを持っていることで身分証明書やデポジットとしての利用が可能になり、信用力を増やすことが可能になりますので、海外旅行には欠かせないアイテムということになるのです。

海外旅行でのアクシデントに対応してくれる保険機能が付帯されている
クレジットカードには種類により旅行の際に利用できる保険が付帯されていることが多いですが、消費者金融アコムで発行しているクレジットカード(アコムACマスターカード)や、流通系クレジットカードで年会費無料であるカード(例えばファミマTカード)などには海外旅行障害保険が付いていない場合もあります。

そのため、海外旅行で利用するならば、まずはこの保険機能が付いているクレジットカードであるかの確認が必要です。
海外旅行に行く場合の保険についてはこのような選択肢があるでしょう。
  • 特に何の保険にも加入しない
  • ネットで申込みできる保険会社の海外旅行保険に加入する
  • 保険機能が付帯しているクレジットカードを持って行く
  • 空港で海外旅行保険に加入する
海外旅行に行く際の保険加入についてはこのように色々な選択肢があるわけですが、万が一の事態に備えるという意味もありますし、海外で病気や怪我をした時には以下のような事例もある程、目が飛び出るような高額な医療費を請求されることもあるため、特に何の保険にも加入しないということは論外と言えるでしょう。
海外で病気やけがで病院にかかると日本のように健康保険が効かないため、びっくりするくらい高額です。
ジェイアイ傷害火災保険「海外の医療事情・事故データ」によると、つまづいて足を骨折し6日間入院で600万円。
足を折っただけで600万円。
さらには、肺炎で8日間入院して1,200万円。
旅行が一転、借金生活に変わってしまうので無保険だけはやめましょう

【引用:旅マイル「1.旅行保険には入らない」

ネットで申込みできる保険会社の海外旅行保険は、保険料が安い割に充分な補償が期待できるためおすすめです。ただ空港で加入する方は保険料が高いので結果的に損に感じてしまうかも知れませんね。

そしてクレジットカードに付帯されている海外旅行保険ならば、特に保険料の支払いは不要なのでオトクに利用できる保険と言えます。ただし怪我や病気の場合の補償はそれ程多くないため、複数のクレジットカードを併用するか、ネットで申込みできる海外旅行保険との2段構えがおすすめとなるんです。

現地で困った時にサポートを受けられる
クレジットカードを海外旅行に持って行くことで基本的な利用ができるだけでなく、カスタマーセンターなどに連絡をすることで一定のサポートを無料で受けられることもメリットの1つとなっています。
  • 海外旅行中にトラブルにあった場合、日本語で相談できる
  • パスポートの紛失や盗難にあった時のサポート
  • チケットの手配をしてもらえる
  • 観光情報を教えてもらえる
  • 病院にかかった場合、現地の言葉との翻訳サービス
このように海外旅行で困ることの多くをカバーしてくれるため、クレジットカードを持っていくことはこの点でもおすすめとなります。ただし、カスタマーセンターなどの連絡先を事前にチェックしておくことを忘れないようにしましょう。

クレジットカードでの支払いが最もスマートいう流れになっている
日本でも今ではクレジットカードで支払いができるお店が多くなっていますが、まだまだ未対応で支払いは現金のみというお店もありますよね。ですが、特に北アメリカ、ヨーロッパを中心に現金で支払いができるお店は少なくなっているようです。(参考:海外では現金決済は主流ではない

お店の方でも現金を保管して置くことで防犯面で心配なことも多いですし、キャッシュレスで決済ができるクレジットカードによる支払いが最もスマートであるという流れになっているのでしょうね。

クレジットカードを使って海外でキャッシングするやり方

海外旅行中にお財布の中に用意していた現金を使い切ってしまったり、初めからクレジットカードでキャッシングをする予定で多くの現金を持ち歩いていなかった場合には、現地の

ATMなどからキャッシングをする必要がありますよね。
今はクレジットカードでの支払いが主流になっているのですが、それでも小さなお店での支払いには現金しか使えない場合もあるため、必要最低限の現地の通貨は必要となります。
そのため、海外旅行中とは言えどうしても現地のATMでのキャッシングが必要になることもあるため、何とか乗り越えたいものです。

その際に注意したいのが、手元にあるクレジットカードの国際ブランドの種類なんです。
国際ブランドとなっているカードとは主に以下のようになっています。

クレジットカードの主な国際ブランド

国際ブランド名 概要

VISA(ビザ)

世界シェアは第一位、海外旅行には欠かせないアメリカの国際ブランド

MasterCard(マスターカード)

VISAと並ぶ2大ブランドの1つ、「プライセス」のCMでも有名なアメリカの国際ブランド

JCB(ジェイ・シー・ビー)

自社でもカードを発行していて海外でも通用する日本の国際ブランド

AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)

日本でもカードを発行しているアメリカの国際ブランド、富裕層のステイタスとしても人気

Diners Club(ダイナースクラブ)

日本でも三井住友トラストクラブが発行、アメックスと並び富裕層のステイタスとして人気

【参考:世界で使える、クレジットカードの5つの国際ブランド

ただし、一つ注意が必要なのは上記で紹介したクレジットカードの内、富裕層のステイタスと言われているアメリカンエキスプレスだけはキャッシングの取扱いがありませんので、海外で利用できるのはショッピングや保険機能、その他のサービスのみということになります。(参考:「どのカードなら海外キャッシングを利用できる?」調べてみた

ところで、このクレジットカードの国際ブランドが海外でのキャッシングにどう関係しているのかと言えば、カードの右下に刻印されているブランドにより利用できるATMに違いが出てしまうからなんです。
  • VISA

    「VISA」か「PLUS」のどちらかのマークがあるATM


  • MasterCard

    「MasterCard」か「Cirrus」のどちらかのマークがあるATM


  • JCB

    「JCB」か「Cirrus」のどちらかのマークがあるATM


  • Diners Club

    「Diners Club」か「Pulse」のどちらかのマークがあるATM


以上のように手元にあるクレジットカードの国際ブランドや、「PLUS・Cirrus・Pulse」のマークが確認できたら、次はいよいよ海外ATMを利用してキャッシングをする流れとなるワケですが、そのやり方について以下で説明していきます。

実際に海外のATMからキャッシングする手順を紹介!

海外旅行先のATMを利用してクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる時、慣れない機械の操作や英語での案内表示により戸惑うことも多いことでしょう。

と言うことで、以下では世界で圧倒的なシェアを誇るVISAカードでキャッシングをする時のやり方を順番に説明しておく。(操作例は「VISA」または「Plus」のマークのついたATMで英語対応(使用言語に日本語を選択できない場合)の機種となります。【参考:海外ATMの使い方徹底ガイド】

STEP1

手持ちのカードを確認する 手持ちのクレジットカードのブランドが「VISA」であることを確認する

STEP2

ATMにカードを挿入する
挿入のやり方は主に5種類あるため、事前に確認しておく。(参考:VISAホームページ「カードを挿入」

STEP3

画面の通りに操作開始・使用言語の選択(日本語での操作が不可の場合は続けて以下を参照)
「日本語」「LAGUAGE(言語)」での操作が可能な場合はコチラへ

STEP4

暗証番号を入力する
ENTER PIN(暗証番号を入力)」と表示されたら、クレジットカードの4ケタの暗証番号を入力すると次の画面へ移動
(暗証番号の後に「00」を続けて入力する場合もあり、入力後に「ENTER(入力)」を押す必要のある場合もある)

STEP5

取引内容を選択する
SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されるので、「WITHDRAWL(引き出し)」を選択する。(「TRANSFER」は振り込み、「BALANCE」は残高照会となる )

STEP6

口座を選択する
SELECT SOURCE ACCOUNT」と画面に表示されたら、「CREDIT(クレジットカード)」を選択

STEP7

金額を選択する
SELECT DISPENSE AMOUNT(引き出し金額を選択)と画面に表示されたら、キャッシングしたい現地通貨を選択する。(選択肢以外の金額が希望の場合は「OTHER(その他)」を選択する)

STEP8

操作完了!
現金・明細書・カードを受取ったら操作完了となる。(取引きを続けるか聞かれた場合は「NO」を選択する)


海外ATMを利用する際の注意点
海外で設置されているATMでのキャッシングのやり方が分ったならば、次にATMを利用する際の注意点にも目を向ける必要があるでしょう。
  • 海外ATMは場所により取扱いの時間が異なる
  • ATMが利用可能な時間は24時間の場合が多いですが、設置してある場所によって異なる場合もありますが、おすすめは空港や金融機関の店舗内のATMとなります。また安全面からも夜間のATM利用は避け、取引き明細は必ず大切に持ち帰るようにしましょう。

  • ATMでの現金やカードの取り出しは素早く
  • 海外のATMでは安全性を重視しているため、現金やカードの取り出しのタイミングが遅れると自動的に回収されてしまう仕組みになっているようです。初めての利用で操作中に迷ってしまった場合には気持ちを落ち着かせる意味でも、一旦「CANCEL/EXIT(取り消し)」または「CLEAR(訂正)」を選択して操作を初めからやり直すのがおすすめですが、その際のカードの取り出しにも注意が必要となります。

  • 引き出す通貨の種類は現地通貨と異なる場合がある
  • 地域によっては引き出せる通貨が必ずしも現地通貨とならない場合もあり、引き出す通貨の選択が可能な場合もあるようです。ATMで引き出す金額の選択をする際には注意が必要となります。

  • ATMの操作中には絶対にその場を離れない
  • 海外では治安が良くない場所が多いため、ATMの操作中には絶対にその場から離れないことが重要となるのです。また途中で話しかけられたりしてもATMから現金とカードを取出すまでは全て無視をするのが賢明と言えるでしょう。

    ATM操作中はその場から絶対に離れない!周囲への注意も必要

    海外ではATMから利用者を引き離して、その隙にクレジットカードと現金を盗む手口が多いのです。ATM利用時に、他の人に話かけられても応じないようにしましょう!

    隣から「操作方法が判らないので教えて欲しい」と言われたり、銀行員を装って「カウンターまで直ぐ来てほしい」などと言ってATMから引き離そうとする手口ですが、クレジットカードと現金をしっかりATMから抜き取ってからATMを離れるようにしましょうね!

    【引用:周囲に気を付けて、絶対にATMから離れない!
【参考:ひとことアドバイス&海外ATM利用の手引ダウンロード!必ず守ろう!海外ATM利用時の5つの注意事項!

海外旅行に行くなら持って行きたい1枚とはどんなクレジットカード?

海外に行くならこの1枚だけは持って行きたいというおすすめのクレジットカードは何枚かあります。

通常の利用ならばカードを選択するポイントについては利用限度額が大きいことやポイントやマイルが貯まりやすいなどが真っ先に挙げられると思います。それでも、海外旅行に持って行きたいクレジットカードとなるとそれとは違う基準で選ぶ必要があるため、今回は海外旅行に持って行くからこそおすすめとなるクレジットカードの中から3枚を紹介します。
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)
  • 三井住友VISAカード
  • エポスカード
【参考:【最新版】海外旅行に持って行くクレジットカードのおすすめはこれ!

学生にも人気のセゾンブルーアメックス

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)と言えば年収の高い人のステイタスということで知られているカードですが、実はセゾンブルーアメックスの場合は若い年代の人を取り込もうという動きを感じる1枚となっています。

このカードはアメックスカードよりも敷居が低いということでネットでも人気となっていて、例えばこのような口コミもあるんです。

セゾンブルーアメックスは海外旅行の強い味方!

セゾンアメックスとは、セゾンカードとアメリカンエキスプレスカード(アメックス)の提携カード。
アメックスは言わずと知れた特典満載のステータスカード。

提携でないアメックスは、年会費が12,000円〜と、とても良いお値段。しかも学生は作れません。
でも、セゾンブルーアメックスなら、いいとこどり。
  • 学生、パート・アルバイトの方や主婦でも簡単に作れる
  • 年会費も3,000円と安い(26歳未満なら無料)
  • アメックスの特典はしっかり受けられる
【引用:セゾンブルーアメックスの魅力
このようにアメックスカードという国際ブランドの付いているセゾンブルーアメックスではありますが、セゾンカードと提携していることで、学生でもアメックスカードを持てる・安い年会費でアメックスの特典も受けられるお得なカードとなっているのです。

年会費3,000円でも受けられるアメックスゴールドカードの特典!
アメックスカードと言えば、手厚いサポートを受けられる上位クラス専用のクレジットカードという認識があると思いますが、実はセゾンブルーアメックスならば年会費3,000円でアメックスゴールドカードの特典も受けられるんです。

しかも初年度は年会費無料ですし、26歳までなら2年目以降も無料となるので学生を中心とした若い世代向けのカードでありながら、以下のようにお得な特典が利用できるというメリットがあります。

セゾンブルーアメックスとアメックスカードの特典を比較

サービス内容 セゾンブルーアメックス アメックスグリーン アメックスゴールド

年会費

3,000円+消費税(初年度無料・26歳まで無料)

12,000円+消費税

29,000円+消費税(初年度無料)

海外旅行傷害保険(傷害・疾病治療費用) (旅行費用の代金をカードで支払った場合)

300万円

100万円

300万円

スーツケース宅配

帰国時無料

往復無料

往復無料

空港ラウンジの無料利用

不可

同伴者1名含め可能

VIPラウンジが年会費無料で利用可

海外旅行先での日本語サポート

日本語でのサポートが可能

コレクトコールによる日本語での利用が可能

コレクトコールによる日本語での利用が可能

このことから海外旅行先での怪我や病気に手厚いサポートが期待できるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、少ない金額で29,000円もの年会費が必要となるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと同じ金額の傷害・疾病治療費用を補償してもらえることから、非常に割安感のあるカードと言えるんです。

また、スーツケースの宅配や日本語でのサポートも利用できるため、若年層の海外旅行には欠かせない1枚となるでしょう。また、12,000円もの年会費が必要となるアメリカン・エクスプレス・カード(グリーン)より補償額が多いことでも、セゾンブルーアメックスを持つ価値はあると言えますよね。

またキャッシング機能のないアメックスカードよりも、急な出費のため必要となるお金をキャッシングで調達できるセゾンブルーアメックスの方が便利ですし、利用の幅も広がるでしょう。そして年会費が安いのも魅力です。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは、銀行系クレジットカードであることや海外旅行で最も役に立つと言っても過言ではないVISAブランドであることから、海外旅行に持って行く時におすすめしたいカードの1枚となります。

ですが、一口に三井住友VISAカードと言っても実は多くの種類が存在しているんです。そしてその中で海外旅行傷害保険がカードに付帯されているのはこのようなカードとなります。

海外旅行傷害保険のある三井住友VISAカード

カード名 年会費 キャッシング可能額 傷害治療費用 疾病治療費用

クラッシクカード

1,250円+消費税(初年度無料・翌年以降も条件付無料)

0〜50万円

50万円

50万円

クラッシクカードA

1,500円+消費税(初年度無料・翌年以降も条件付無料)

0〜50万円

100万円

100万円

アミティエ

1,250円+消費税(初年度無料・翌年以降も条件付無料)

0〜50万円

100万円

100万円

エグゼクティブ

3,000円+消費税(初年度無料)

0〜50万円

100万円

100万円

ゴールド

10,000円+消費税(初年度無料・翌年以降も条件付割引き)

0〜50万円

100万円

100万円

プライムゴールド

5,000円+消費税(初年度無料)

0〜50万円

100万円

100万円

プラチナ

50,000円+消費税

0〜100万円

500万円

500万円

三井住友カード「海外旅行傷害保険」
このように三井住友VISAカードにはいくつものグレードがあり、その数だけカードの種類もあるワケですが、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険を利用する際には、上の表の一番目で紹介しているクラッシクカードについては、保険が適用されるのは最低でも旅費の支払いにこのカードを使用している時のみとなるので要注意です。

またそれ以外のカードについては、保有をしているだけで補償の対象となりますので他のカードで旅費の支払いをしていても安心できます。

いずれもキャッシングの利用が可能ですが、プラチナカード以外は最大でも50万円までであり、ショッピングで全ての利用可能枠を使ってしまうとキャッシング可能な枠も無くなってしまうので、ショッピングとキャッシングのバランスに気を付ける必要があるでしょう。

気になる年会費も使い勝手の良さや特典で問題なしに?
三井住友VISAカードは海外旅行中のトラブルでも日本語によるサポートを受けられることや、保険が付帯されていることでもかなりおすすめの1枚と言えます。

ただし、気になるのが年会費が永年無料ではないということでしょう。確かに初年度は無料になるカードも多いですが、2年目以降には無料とならないため、年会費を永年無料にしている他のクレジットカードに魅力を感じてしまう方も多いと思います。

ですが、三井住友VISAカードはやはり使い勝手が良く、海外旅行に持って行けば安心というメリットを考えると特に問題に感じない場合もあるでしょう。

また、以下のような特典もあるので利用をしたり一定の条件をクリアすることで年会費が半額・無料になる場合もあるのです。例えば、三井住友VISAカードのスタンダードに位置するクラッシクカードとクラッシクカードAの年会費特典はこのようになっています。


このように一定の利用をする予定がある場合ならば、三井住友VISAカードは便利に利用できるクレジットカードとなるでしょうね。

マルイグループの会社が発行するエポスカード

エポスカードはマルイグループの会社である株式会社エポスカードのクレジットカードであり、マルイでのショッピングに有利である他、カードのデザインが74もありお財布の中に入れておいてもクレジットカードには見えないくらいお洒落であることも人気となっているようです。

そしてエポスカードの魅力はそれだけではなく、以下のようなことも人気の理由となっています。
  • 最短即日マルイの店頭でカードの受取りができる
  • 海外旅行保険が付帯されていて、補償額は傷害治療費用200万円・疾病治療費用270万円
  • 国際ブランドの中で最も多くの場所で使えるVISAカードである
  • 年会費が永年無料
  • 海外のATMからでもキャッシング可能(手数料が必要)
  • 初回利用日の翌日から最大30日間利息0円
エポスカードにはこのように利用のメリットが多いため非常に便利であり、更には海外旅行保険の補償額もゴールドカード並みの金額となっていて、これで年会費が永年無料というのですから利用しない手はないとも言えるでしょう。

ところで、海外旅行でのキャッシングは、国内で利用するよりも金利や手数料が高いのではないかと不安を感じる方もいると思いますが、実際にはとても便利なサービスとなっているのです。

エポスカードで海外のATMからキャッシングするための知識

項目 内容 補足説明

利用可能額

  • 標準コース:1〜50万円
  • プランニングコース:1〜99万円

申込みの内容やカードの利用実績により利用可能額が決まる

金利

18%(初回利用で30日間無利息)

国内でのキャッシング利用と同じ

ATM利用手数料

  • 利用金額1万円以下:100円(税別)/件
  • 利用金額1万円超 :200円(税別)/件

国内ならATM手数料が無料

返済方法

基本的には1回払い

後からのリボ変更も可能

【参考:エポスカード「海外キャッシング」
海外ATMでキャッシングした場合の返済については、日本円に換算しての請求となります。(換算レートはVisa決済センター利用情報が入った時点でのVisaインターナショナルが指定するレート)

エポスカードでのキャッシングは現地での両替よりお得!
海外旅行に行く時には日本円を現地の通貨に両替していくことも多いと思いますが、実はその際に支払う金融機関への両替手数料はとても割高となっているんです。

この手数料の算出方法とは次のようになっています。

 両替手数料の計算式=外国通貨へ両替したい日本円の金額×銀行の両替手数料率

例えば両替手数料率を米ドルならば2.6%であるとした場合の外貨両替手数料はこのようになります。
  • 5万円を両替する場合:1,300円
  • 10万円を両替する場合:2,600円
  • 20万円を両替する場合:5,200円
また、韓国に行く時にウォンに両替する際には、銀行の両替手数料率を13.9%とすると場合の手数料は以下の通りです。(100円未満切り捨て)
  • 5万円を両替する場合:6,900円
  • 10万円を両替する場合:13,800円
  • 20万円を両替する場合:27,600円
このように日本円を国内の銀行で外貨に両替すると高い手数料が掛かることが分かります。(参考:現地通貨の用意は海外ATMの利用がおトク!

それに対して海外のATMからエポスカードでキャッシングする場合には、もし初めての利用ならば30日間金利0円サービスが適用されるため、無利息期間中に全額返済すれば利息は0円になるんです。無利子で30日間借りれるサービスは海外でのキャッシングでも適応されるので、使い道が広がりますよね。

そのため、金利0円となる期間中だけ借りるならば、キャッシングに必要な費用は216円のみということになるのです。上記の手数料を比較をするとその差は非常に大きいと言えますよね。この

ことから、必要なお金は日本で両替して持って行くよりも現地通貨を旅行先でキャッシングした方がお得ということになるのです。また現金を持ち歩く危険性や不便さを考えると尚更のことですよね。