キャッシング おすすめ 審査 甘い ブラック 通りやすい

MENU

ブラックOKで審査が甘い・通りやすい所とはどんな会社?

キャッシング審査に通る自信がなくても、どうしてもお金を借りたい時はありますよね。そんな時に考えることと言えば、審査が甘い、ブラックでもOK、審査に通りやすい所で借りたいということでしょう。

 

審査が甘いカードローンやキャッシングは、審査に通ることができるのか心配な人にとっては是非利用したいサービスと言えますね。それでは審査が甘い、審査に通りやすい所とは具体的にどのような金融業者を言うのでしょうか。

 

それは以下のような状況であるにも関わらず、カンタンに審査に通ることができるキャッシングローン会社ということになるんです。

  • 債務整理や返済の延滞で信用情報機関のブラックリストに載っている
  • 4件以上の他社借入がある
  • 総量規制の上限(年収の3分の1)までの借入れがある
  • 無職

【参考:審査に通るために必要なことと、審査に通らない理由

 

金融事故情報がブラックリストに載っている

金融事故に該当することが信用情報機関に登録されることを俗にブラックリストに載ると言います。一般的には「ブラック」という言葉に短縮されることも多く、この状況になるとキャッシング審査に落ちる確率が非常に高くなってしまうのです。

 

ですが、このような状況にあっても審査に通りやすいならば、それはかなり審査が甘いキャッシングローン会社であると言えるでしょう。

 

具体的にブラックリストに載る状況となるのは以下のようなことが理由とされています。

 

ブラックリストに載る理由

ブラックリストに載る理由 内容

3カ月以上の返済の遅れ

一般的には3か月以上の返済の遅れが原因となるが、1〜2カ月の遅れでもブラックリストにのる可能性はある(5年間は登録される)

【参考:じゃあ、ブラック情報に載る理由って?】

債務整理

自己破産

裁判所で支払いが無理と認められると債務の全額が免除される(5年〜10年は登録される
【参考:自己破産とは

任意整理

利息のカットや毎月の返済額の軽減を債権者に依頼する(5年間は登録される)
【参考:任意整理による借金問題解決】

個人再生

裁判所で認可されると現在の借金を5分の1まで減額可能になり、3年〜5年で返済することになる(5年〜10年間は登録される)
【参考:個人再生による借金問題解決

このようなことがあると、一定の期間は信用情報機関に異動情報として登録されるため、銀行や正規の貸金業登録業者では貸したお金の返済に不安を持ち、その結果として審査に通らないことの方が多くなるのです。

 

それでもお金を貸してくれる金融業者があるとすれば、誰にでもお金を貸す激甘審査ファイナンスであるか審査なしでお金を貸すブラックでもOKを謳っている闇金かも知れませんよ。いずれにしても安心して利用できる金融機関と言うことはできませんね。

 

4件以上の他社借入がある

他社で既に4件以上の借入れをしている場合、多重債務者ということになり銀行はもちろんのこと消費者金融であってもキャッシングの審査に落ちやすくなります。その理由は、複数の会社に返済している状況で新たにお金を貸したところで、きちんと返済してくれないかも知れないという不安があるからでしょう。

 

もちろん、債務整理や返済の遅れなどがない場合にはブラックリストに載るような状況にはなっていないと言えますが、やはり金融機関が申し込みを受けて信用情報を照会する際に多重債務者であることが分れば融資を見送るという審査結果になる可能性は高くなるかも知れません。

 

それでも大手ではなく中堅の貸金業者ならば審査に通る可能性はあるようなので、どうしても必要なお金の工面に困った場合の対処として、インターネットの口コミで有名な街金の利用はおすすめです。その際に気を付けたいのは、多重債務者でもカンタンに審査が通る業者には闇金が多いということです。

 

他社借入の多い人に対して審査が甘い、審査が通りやすいということは、常識的に考えても有り得ないと思った方が良いでしょうね。
【参考:確実にキャッシングするには

 

他社借入が多い場合はおまとめローンもおすすめ

他社からの借入件数や金額は申し込みの際に申告する必須項目となっています。もちろん、金融機関では審査の際に信用情報を照会しますので、申し込みで嘘をついてもすぐにバレることになり、それが原因となり審査落ちしてしまう可能性もあるんです。

 

他社からの借入れが多いことが理由でキャッシング審査に落ちる場合には、一旦借金を整理してしまうことがおすすめであり、借金を一本化できるおまとめローンの利用により借金の件数を減らしてしまうと良いでしょう。

 

おまとめローンを利用するメリットには以下のようなことがあります。

  • 返済日を1回にできる
  • 毎月の返済額を今より少なくできる
  • 金利を低くすることができるため返済総額も軽減できる

【参考:おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンにはこのようなメリットがあるため、返済に困って他の会社に借金したり債務整理を考えたり、また審査が極端に甘いブラックでもOKな闇金から借金する前にできる唯一の対処法と言えるでしょう。ただしおまとめローンの利用には注意点もあるので、以下を参考にしてみてください。

おまとめローンの注意点とは?
実際におまとめローンを利用するとお得か否かは、現在支払っているローンの元本や金利、毎月のお金の動きなど、具体的な数字を元に、シミュレーションをしてから判断すると良いでしょう。

 

ただ、支払総額が増えても、毎月の負担を減らしたほうが良いと考える人もいます。
その場合、計算によって算出された数字ばかりを重要視することもできません。家計に及ぼす効果についても考慮する必要があります。
【引用:メリットとデメリットを比較してみる

 

総量規制の上限までの借入れがある

銀行業法により融資を行っている銀行や信用金庫、農協や信用組合などでお金を借りる場合では対象外ですが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用する場合に関係してくるのが総量規制という法律です。

 

総量規制については日本貸金業協会でこのような説明がされています。

総量規制とは
総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

 

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。
【引用:貸金業法について「総量規制とは」

上記の法律通り、消費者金融などの貸金業者で個人が借りれる金額の上限は年収の3分の1以下ということになり、既にその金額に達している場合には審査に通ることはできません。

 

消費者金融でこの金額まで借入れがあるにもかかわらず審査に通ることができる場合、それは審査が甘いいというよりも危険な金融業者ということになるでしょう。

 

総量規制の上限に達している!どうしたらイイの?


年収の3分の1に相当する金額まで既に借りてしまっていても、更にお金が必要になる時もあるでしょう。
その場合には次の3つのローンがおすすめとなります。

  1. 銀行カードローン
  2. おまとめローン(消費者金融にもアリ)
  3. ビジネスローン(自営業の場合)

上記の3つのローンは総量規制の対象外となり、年収による法律的な借り入れの制限はありません。そのために、年収の3分の1までの借入れが既にある場合にはこれらの内から利用のサービスを選択すると良いでしょう。

 

銀行カードローン、消費者金融にもあるおまとめローン、個人向けローンではないビジネスローンはいずれも総量規制の対象外となっていますし、年収の金額により借入総額が制限されることはありません。

 

「無職OK」でキャッシングできるほど審査が通りやすい・甘い所はない!

無職のため収入もゼロという人がキャッシング審査に通りやすい所は、存在していないと言えます。これがキャッシングローン会社ではなくあなたでも、会社を退職して現在は無職となっている友人からお金を貸してくれないかと頼まれた時には、その申し出を断りたいと思うことでしょう。

 

そのため、個人でなく貸金業者としてお金を貸している場合には無職で収入がない人を審査に通す訳にはいきませんよね。そんなことをしたら会社の経営にも大きく影響してしまうのですから。このような状況にある人にお金を貸すことができるならば、「無職OK」を謳い、審査が甘いと言うより審査なしでお金を貸す怪しい金融業者であると判断できるでしょう。

 

安全に利用できるキャッシング会社ならば、「無職OK」でもお金を借りれるほど審査が通りやすい、そして審査の甘い所はないのですから。

 

無職でも専業主婦なら旦那に内緒でお金が借りれる?

法律の沿って融資をしている会社からお金を借りるには、無職では無理なので本気で求職活動をして収入を得られるようにする必要があります。

 

ですが、専業主婦に限っては旦那さんの安定した収入がある場合には実は誰にも内緒でお金を借りることが可能になっているんです。それは総量規制の対象外となっている銀行カードローンの利用であり、この場合に限り旦那さんに内緒でのキャッシングも可能になっているんです。

 

一方、総量規制の対象となっている消費者金融では専業主婦の場合、CMでも有名なアコムやモビットなどの大手では審査に通ることができないため、配偶者貸付の利用できる中堅の消費者金融でお金を借りるしかありませんし、その場合には旦那さんにバレないでキャッシングすることは無理になります。

 

ただし、消費者金融で配偶者貸付の手続きもなく専業主婦が審査に通ることができるならば、それはブラックでも借りれるほど審査に通りやすい金融業者であり、同時に法律を無視している悪徳金融業者であると言えるでしょう。

配偶者貸付とは
●例外貸付(お客様の利益の保護に支障がないキャッシング)
配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付 /キャッシング
 配偶者の同意を得ての、専業主婦へのキャッシングで、配偶者と併せて年収の3分の1以内の貸付 /キャッシング

 

  必要な書類:
1.お客様と配偶者との身分関係を証明する公的証明書等
2.配偶者の同意書
【引用:レディースキャッシング エレガンス「例外貸付」

 

審査が甘い・通りやすいことにはリスクがある!

キャッシングの審査を受ける時には誰もが少なからず審査に通ることができるか心配することでしょう。そして審査に落ちてしまった時には、「もっと審査が甘い、審査に通りやすい所に申し込みすれば良かった」と思うかも知れません。

 

それでも審査が甘い、誰でも審査に通りやすい金融業者でキャッシングするには、それなりのリスクがあることを知っておく必要があるのです。ココでは審査に通りやすい代わりに負うことになるリスクについて解説していきます。

 

中小規模の消費者金融は審査が甘い!?

銀行カードローンでは高額融資も可能であり低金利で融資をしているため、審査はとても厳しい基準で行われているんです。

 

また消費者金融であってもアコムやアイフルなどの有名な所では銀行ほどではなくても、無職や専業主婦にはお金を貸すことができない法律もあることから、審査基準についてもそれなりの厳しさはあります。

 

そんな中で審査が甘いと言えるのは、中小規模の消費者金融のみということになるでしょう。
このようなキャッシング業者が銀行や大手のサービスと比べて審査が甘くなっているのは、以下のような理由があるからなんです。

  • 知名度が低いためお客の獲得が難しい
  • 自動契約機の設置・スマホ専用アプリの提供など、サービスでも大手に敵わない
  • お客の安心感も大手には敵わない

【参考:消費者金融で審査がゆるいカードローン会社は実はある!?

 

中小の街金は大手のようにテレビCMや駅や電車内の広告などで宣伝をする資金力がないため、どうしてもお客の獲得が難しくなってしまうのです。そのため、申込みに来た人をなるべく審査に通してお金を借りてもらいたいというのが本音でしょうね。

 

また街金の場合には大手消費者金融のような自動契約機がない場合が殆どですし、スマホ専用アプリもありません。キャッシング利用者は便利で安心感のある所で今すぐ簡単にお金を借りたいと希望するため、その点でも大手には敵わないのです。

 

そのため審査が甘い、多くの人が審査に通りやすいということを中小の消費者金融では最大のウリとしているのでしょう。
ただし、このような金融業者にはイイことばかりではなくリスクもあるのです。

 

審査の甘い中小消費者金融のリスクと注意点とは

審査が甘いことが魅力とも言える中小規模の消費者金融ですが、利用にはリスクを伴うために注意が必要な場合もあります。

 

中小消費者金融のリスクと注意するべき点

街金を利用するリスク 詳細

金利が大手より高め

大手では最大で年利18.0%となっているのに対し街金では最大で年利20.0%

闇金が潜んでいる危険性

  • 自己破産、ブラックOK
  • 必ず貸します
  • 他店で断られた人もOK
  • 返済は利息のみでも可
  • 多重債務者でも借りれる
  • 50万円まで審査なし
  • 無条件融資
  • 失業中でも融資可能

このような表現には注意が必要です。

【参考:要注意!広告に使われていたら、ヤミ金の可能性大の言い回し

 

中小の金融業者は例え正規の貸金業登録会社であっても、金利が高めに設定されているんです。審査が甘いということは、それだけ貸倒れのリスクも高まるため保証会社の存在する銀行のように低金利でお金を貸すことはできません。

 

また銀行よりも金利が高めとなっている大手の消費者金融よりも資金力がないため、それよりも更に高い金利を設定するしかないのです。

 

そして闇金では、上記のような表現や言い回しは新しいお客を誘い込むことが目的であり、中には大手よりも低金利であることを宣伝している闇金もあるのです。ですが、契約時にはいつの間にか年利が月利に変わっていたり、トゴ(10日で5割)やトイチ(10日で一割)などの高金利が課せられるのも珍しくありません。【参考:ヤミ金融の広告 ここに注意

 

そのため、このように審査が甘い、ブラックでもOK、無職でも審査に通りやすいなどをウリ文句にしているところは闇金であるという認識を持つべきです。

関連ページ

学生がお金を作るならおすすめはキャッシング、審査に必要なことは?
学生がお金を作る方法はいくつかありますが、最終的におすすめしたいのはキャッシング審査に申し込みしてみることと言えます。また即日で必要なお金を用意したい学生さんにおすすめしたいのは、消費者金融のカードローンと言えるでしょう。その理由とはどんなことでしょうか?
専業主婦におすすめのキャッシング、旦那に内緒で審査に通る方法!
主婦には旦那さんの収入だけでなく自分でも働いてお金を稼いでいる兼業主婦、働く意志があってもさまざまな理由により働けず、無収入の専業主婦と2通りのタイプがあります。キャッシング審査を受ける場合、この違いは大きく影響しますし、特に消費者金融の利用では夫にバレないキャッシングの不可にも関係してきます。
フリーターはキャッシング審査に通る?ニートでもお金借りれる?
フリーターは就職をしている正社員に比べてキャッシングの審査に通りにくい傾向にあると言えます。更には20歳未満であることで利用できるサービスは限定的となるんです。どうしてもお金を借りたいのであればフリーターから正社員への転職が必要となります。
家族・職場・親にバレないキャッシング、ポイントは審査と郵送物
家族や職場・親に内緒でキャッシングしたいこともあるでしょう。ですがその場合にはバレないように注意をする必要がありますし、そのためには電話と郵便に注意をすることがポイントとなるのです。
保証人不要で借りれるキャッシング、審査は通りやすい?
保証人不要でもキャッシングやカードローンでお金を借りることはできます。ですが、そのために銀行や消費者金融でお金を借りる際の条件が違ってしまうので、それぞれのメリットを考えながら借入先を選択すると良いかも知れません。
即日融資も可能な銀行カードローンの審査に通るには口座が必要?
銀行カードローンの審査に通るだけならば口座は必要ありませんが、その後キャッシングや返済に口座の新規開設が必要になる場合は多いです。ただし今は口座不要で即日融資を受けられる銀行もあり、口座の有る無しに関わらず便利に利用できる銀行も多くなっているのです。