キャッシング審査 保証人不要

MENU

保証人不要でお金借りたい方にキャッシングのしくみを紹介!

キャッシングを利用して必要なお金を準備する場合、誰か保証人になってくれる人を探す必要があると思っている方もいるでしょう。中には担保も必要になるのでは?と考える方もいるかも知れません。

 

更に即日でお金を借りれる業者なら保証人が必要かも知れないなど、保証人について心配になることは多いと思います。

 

ですが結論から言えば、銀行や消費者金融でキャッシングやカードローンを利用する場合ならば、保証人不要となっているんです。コチラでは保証人不要でお金を借りれる理由やしくみについて解説していきます。

 

即日キャッシング、保証人不要でお金借りれる理由とは?

借金には連帯保証人が必要という時代も昔は確かにありましたよね。知人の借金の連帯保証人になって、取り立てに自宅まで来られたという話も日常茶飯事であったと思います。このようなイメージが現在でも残っている場合、「借金には連帯保証人が必要」という認識となってしまうのかも知れませんね。

 

ですが、キャッシングやカードローンは保証人不要・担保なしが基本となっているので、資産を持っている親や兄弟、友達などの保証人になってくれるように頼みこむ必要はありませんし、そのことで人間関係が悪化する心配もないのです。

 

今は賃貸物件に入居する時でさえ保証料を支払うことで「保証人代行サービス」が保証をしてくれる時代ですし、保証会社を利用すれば身内で頼れる人がいなくてもマンションやアパートの賃貸契約を結ぶことが可能になっています。【参考:「保証人不要」とは?「保証人なし」物件ってそもそもどういうこと?

 

このように今は保証人不要で契約を結べることが多くなっているのですが、銀行カードローンの場合は保証人不要である代わりに、保証会社の保証を受けられることが審査に通るための必要条件となっています。

 

その際にも賃貸アパートに保証人不要で入居する時のように保証料が必要になりますが、銀行ではその分が金利に組み込まれているため、利息の他にお金が必要になることはありません。

 

一方、消費者金融の保証会社については特にどのキャッシング会社でも触れていないことや、銀行の保証会社となっている大手もあることから、保証会社はその会社自身ということになるかも知れません。
キャッシング会社が保証会社を持たず、保証人不要・無担保でお金を貸している理由にはこのようなことがあるんです。

  • 消費者金融の審査は長年の経験とスコアリングにより迅速で的確なシステムとなっている
  • 保証人不要・担保不要である代わりに銀行よりも金利が高めになっている

【参考:保証人不要と保証会社のポイント 【キャッシング審査入門】

これら2つの理由もあり、保証会社を持つ銀行だけでなく消費者金融でも保証人不要・担保なしで迅速な審査や即日融資によるキャッシングが可能となっていて、誰にも頼らずに今すぐお金を借りれるしくみができあがっているのです。

 

と言うことで、以下では保証人不要でお金借りれるキャッシング会社の融資のしくみについて説明していきます。

 

消費者金融の審査は長年の経験とスコアリングシステムがポイント

消費者金融などの貸金業者で審査を受ける場合、スコアリングシステムというその人の属性を点数化する方法で瞬時に審査に通る人と落ちる人を判断しているのです。

 

これはカードローン会社だけでなくクレジットカード会社のキャッシング審査でも同じシステムを利用しているのですが、どちらも長年の融資の経験を活かした迅速な審査がポイントとなっています。例えば、あるカード会社のスコアリングシステムを紹介するとこのような感じになります。

 

もちろん、これは1つのデータであるためカードローン会社の審査もまた同様とは言えず、会社により基準が違う可能性もありますが、審査が心配な時の参考にはなるでしょう。

 

あるカード会社のスコアリングシステム

勤務先 年収 勤続年数

国家公務員

45点

1000万円

75点

10年以上

55点

地方公務員

40点

800万円

65点

10年未満

50点

正社員(上場企業)

35点

700万円

55点

4〜5年未満

25点

正社員(資本金5億円以上)

30点

600万円

50点

3〜4年未満

20点

正社員(資本金5千万円以上)

20点

500万円

45点

2〜3年未満

15点

正社員(資本金1千万円以上)

15点

400万円

35点

1〜2年未満

10点

正社員(資本金1千万円以下)

10点

300万円

30点

1年未満

5点

個人事業主

5点

200万円

20点

120万円

0点

【参考:審査基準で最も重要度の高いスコアリングとは?】

 

審査で重要となる属性のうち、勤務先・年収・勤続年数について紹介しましたが、勤務先については公務員が最も安定職業としての評価が高く、次いで上場企業に勤務している正社員が有利となっていることが分かります。上記では取り上げていませんが、パートやアルバイトの場合には個人事業主と同じか、それ以下の点数となるかも知れませんね。

 

年収が多い少ないでキャッシング審査に通りやすい・落ちやすいを判断することは難しいですが、やはりスコアリングシステムでは収入の金額により点数がハッキリと分れてしまうことが事実としてあるようです。

 

また勤続年数については10年以上あると安心であることがこの表から分かると思います。逆に1年未満である場合には50点もの点数の開きがでてしまうため、キャッシング審査の申込みを考えている時に長年勤務している会社を退職する予定があるならば、その前に申込むのがおすすめと言えるでしょう。

 

このようにキャッシングサービスではその人の属性を点数化し、融資可能な顧客を素早く厳選することができるため、即日でも保証人不要でお金を貸すことができるのです。

属性とは?

「属性」とは、年齢、性別、居住地、家族構成、職業など、調査対象者の特性データのこと。
【引用:マクロミル「リサーチ用語・属性とは」

 

消費者金融は保証人不要である代わりに銀行より金利は高め

大手であっても消費者金融の場合、金利を平均すると4.5%〜18.0%となっているのに対し銀行の金利は4.0%〜14.0%が平均となっています。

 

例えば、老舗とも言える大手消費者金融のアイフル「キャッシングローン」と、CMによる効果もあり若い方からも人気となっている三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利はこのようになっているんです。

 

アイフルとバンクイックの金利

アイフル「キャッシングローン」 三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
  • 実質年利1.8%〜14.6%
  • 遅延損害金:借入れの金利と同じ【参考:延滞利息とは

このように銀行と消費者金融の金利には差がありますが、アイフルでは30日無利息サービスを展開しているので、その間は銀行よりも利息の節約が可能になります。ですが、一定期間を除けばやはり銀行よりも高めの金利であると言えますし、その理由には以下のようなことが挙げられるんです。

 

銀行では貸し倒れのリスクが少ないため、保証人不要でも低金利での融資が可能になっているのに対し、特に保証会社を持たないキャッシングローン会社の場合には保証人不要で借入れができるものの、貸倒れに対するリスクをカバーするために銀行よりも金利が高めになってしまうのです。

 

このことはキャッシング会社の金利が銀行よりも高めとなっている原因となり、同時に保証人不要で借入れができる理由とも言えます。

 

おすすめの保証人不要キャッシング、銀行と消費者金融で便利なのは?

銀行カードローンとカードローン会社の商品の違いは何と言っても金利の高さということになります。ですが保証人不要の無担保融資という点では両者とも同じ性格のローンであり、それ自体では特に違いはないと言えるでしょう。
ただし銀行とキャッシング会社のサービスの内容については、以下のように金利の高さ以外にも違いがあるんです。

  • 審査の速さ
  • 即日融資の可能性

この2つのポイントについては両者の大きな相違点となっているので、以下でその内容を表にまとめてみます。

 

銀行と消費者金融のサービスの違い

サービス名 審査の速さ 即日融資の可能性

銀行カードローン

  • 最短30分のところもある
  • 2日〜数日かかる場合もある
  • 自動契約機を利用すれば可能なところもある
  • 口座の保有が即日融資の条件となっていることが多い

消費者金融カードローン

  • 大手なら最短30分
  • 迅速な審査により最短1時間でキャッシング可能
  • 自動契約機の利用で、平日だけでなく土日の即日キャッシングも可能

銀行のキャッシング審査はアコムなど大手の消費者金融が保証会社となっている場合もあり、そのような銀行ならば審査が最短30分という速さで終了することもあります。ただし、審査が速いからといって融資も早いとは限らないのです。

 

即日融資で銀行からお金を借りるならば、その銀行の口座が必要になることが多い上に土日だと振込みができないため、実際に借り入れができるのは審査に通った日の翌営業日となることも少なくありません。ただし、三菱東京UFJ銀行などホームページ上で自動契約機の紹介をしている銀行ならば、平日の14時以降や土日であっても即日融資が可能になる場合もあるでしょう。

 

一方、消費者金融では長年個人向けの融資を専門としてきた経験や豊富なデータがあるため、審査が迅速であり平日だけでなく土日でも大手なら自動契約機からのカード発行が可能ですし、即日キャッシングも期待できます。

 

また審査の内容についても銀行より柔軟になっているため、平たく言えば銀行より消費者金融の方が審査に通りやすいということになります。
このことから、以下のようなことが結論として言えるでしょう。

保証人不要のキャッシングでお金を借りるならば、最短1時間での即日融資も可能なことから消費者金融の利用がおすすめとなります。ただし、初めて利用する場合には大手のカードローン会社の方がスマホアプリを使用した申込みも可能なためカンタン・便利であり、知名度の高さからも安心な金融会社となるんです。

関連ページ

学生がお金を作るならおすすめはキャッシング、審査に必要なことは?
学生がお金を作る方法はいくつかありますが、最終的におすすめしたいのはキャッシング審査に申し込みしてみることと言えます。また即日で必要なお金を用意したい学生さんにおすすめしたいのは、消費者金融のカードローンと言えるでしょう。その理由とはどんなことでしょうか?
専業主婦におすすめのキャッシング、旦那に内緒で審査に通る方法!
主婦には旦那さんの収入だけでなく自分でも働いてお金を稼いでいる兼業主婦、働く意志があってもさまざまな理由により働けず、無収入の専業主婦と2通りのタイプがあります。キャッシング審査を受ける場合、この違いは大きく影響しますし、特に消費者金融の利用では夫にバレないキャッシングの不可にも関係してきます。
キャバ嬢のキャッシング、水商売でも借りれる?
キャバ嬢でも時には月の収入が激減してキャッシングしたいと思うこともあるでしょう。ですが、浮き沈みの多い職業であるため決してキャッシング審査に通りやすいと言えない部分もあり、審査に通るのか心配になることでしょう。コチラではキャバ嬢の方のキャッシング審査について解説していますので、参考にしてみてください。
フリーターはキャッシング審査に通る?ニートでもお金借りれる?
フリーターは就職をしている正社員に比べてキャッシングの審査に通りにくい傾向にあると言えます。更には20歳未満であることで利用できるサービスは限定的となるんです。どうしてもお金を借りたいのであればフリーターから正社員への転職が必要となります。
ブラックでも借りれる甘い・通りやすい審査はどこ!?
審査が甘い、誰でも審査に通りやすい金融業者は審査結果が心配な方には是非申込みしたい所と言えるでしょう。ですが、審査が甘い、ブラックでも借りれるということがどんなことを意味するのかを考える必要もあるんです。コチラでも審査が甘いことと、安心してお金を借りれることの関係性について解説しています。
家族・職場・親にバレないキャッシング、ポイントは審査と郵送物
家族や職場・親に内緒でキャッシングしたいこともあるでしょう。ですがその場合にはバレないように注意をする必要がありますし、そのためには電話と郵便に注意をすることがポイントとなるのです。
即日融資も可能な銀行カードローンの審査に通るには口座が必要?
銀行カードローンの審査に通るだけならば口座は必要ありませんが、その後キャッシングや返済に口座の新規開設が必要になる場合は多いです。ただし今は口座不要で即日融資を受けられる銀行もあり、口座の有る無しに関わらず便利に利用できる銀行も多くなっているのです。