MENU

学生がお金を必要とする理由とは?

構内で笑顔の女子大生

大学生ならば、キャンパスでの授業や研究により専門的な教育を受けたり、論文を作成することなどが学生としての活動の目標と言えるでしょう。

 

ですが大学生の活動とはそれだけでなく、学部や学校の垣根を超えたサークル活動や学生仲間との交流、日本学生支援機構から奨学金の支援を受けながらの海外留学など、学生のうちにしかできないことが沢山あるのです。学生運動に明け暮れていた70年代の学生とは目標や求めるものが随分と変わっていると言えるでしょうね。

 

ですが、これらのことを実行するにはやはりまとまったお金が必要になることでしょう。更には以下のようなことで大学生活を楽しみたいという気持ちもあると思います。

  • 学生仲間の誕生日にサプライズで欲しいものがある
  • サークルのメンバーで学生におすすめの国内旅行に行きたい
  • 学生主催の合コンに参加したい
  • 学生の財布にも優しい飲み放題のお店をみつけた
  • ファッションには気を遣いたい、学生でもおしゃれは大切!
  • 就職活動にお金がかかる

【参考:学生でお金が必要になる理由

このように学生がお金を必要とするのは、親に出してもらうだけでは足りない生活費や学生アパートの家賃、ゼミ合宿などの費用をなんとか捻出したい金欠の時だけではなく、学生生活を楽しみたいということもその理由となっていて、それが学生としてのモチベーションを向上させることにも繋がっているようですね。

 

学生でもまとまったお金が必要!おすすめの捻出方法とは?

大学生や専門学校生など、学生であってもまとまったお金が必要になる時もあるでしょう。大学生ならばアルバイトをやっている方も多いと思いますが、それでもバイトの給料では足りない、試験や就職活動のために余り働けなかったという場合には、必要なお金の捻出が難しくなることもあるでしょう。

 

そんな時に学生が必要なお金を作る方法にはこのようなことが考えられると思います。

  • 親や兄弟(姉妹)・友達にお金を借りる
  • 街やネットの買取りショップやオークションで物を売る
  • カードローンやキャッシングでお金を借りる

この他、学生でもパチンコや競馬などのギャンブルでお金を稼ぐという方法も無いわけではありませんが、最も不確かな方法であり、お金を作り出すどころか手元にあるお金まで失くしてしまう可能性もあるため、この方法は絶対におすすめできるお金の作り方とは言えません。

 

以下ではこの3つのお金を作る方法について解説していきます。

 

親や兄弟・友達にお金を借りるメリットやデメリットとは

学生が最も気楽にお金を借りれる相手と言えば、親や兄弟と言えるでしょう。また親しい間柄であるならば少額を友達から借りるということもあると思います。ですが、気軽に借りれるハズの身内や友達であってもお金に関わることであるため、注意が必要となることもあるのです。

 

メリットがあればデメリットもある、これはどんなことにでも言えることですが、親などの身内や友達から借金する場合にはそれぞれどんなことがあるのでしょうか。

 

親や兄弟などの身内からお金を借りる場合

親や兄弟(姉妹)からお金を借りるメリットやデメリットを表にまとめるとこのようになります。一見、最も精神的ストレスや心配がなく借金できそうな相手と思えるかも知れませんが、実際には身内だからこそ起きる問題や感情もあるようです。

 

身内から借金する場合のメリットとデメリット

身内に借金するメリット 

申し込みの手続き不要・審査なしでも借金できる

返済日については緩やかである(返済に遅れても待ってもらえる)

利息を取られる心配がない

身内に借金するデメリット

親や兄弟(姉妹)に内緒で借金できない
返済に遅れると身内であっても関係が悪くなることもある(絶縁の可能性も)
色々なことに口出しされる可能性がある

【参考:親・兄弟からの借金が安心?!親族から借金するメリットとデメリット

 

身内からの借金は、関係が上手く行っている場合には何の問題もありませんが、デメリットとなることが起きた場合には、いくら血縁関係がある上に大切な存在でもある親や兄弟・姉妹であっても、お金が絡んでいることにより最悪は絶縁ということになる時もあるのです。

 

このことから学生であっても身内から借金することは余りおすすめできませんし、増してや親や兄弟などに内緒でお金を借りたいという時には当然のことながら頼るワケにはいきませんよね。

 

学生でも20歳以上なら親からの借金には注意が必要!

学生であっても20歳以上の場合には、親や祖父母などの直系親族からの借金には注意が必要な場合もあります。もっとも、1万円や2万円等の少額の借金はもちろん、20万円や50万円を借りる場合でも問題ないのですが、110万円を超える借金をする場合には注意が必要となります。

 

この場合には以下に当て嵌まると贈与税の支払いが必要となるのです。

  • 利子の支払いをしていない
  • ある時払いの催促なしや出世払い
  • 返済日や返済方法・利率などを明らかにしていない
  • 返済をした実績を示すものがない

 

親からの借金を贈与とみなされることを防ぐには以下のようなことを実践する必要があります。

  • 利子の支払いをきちんとする
  • 返済期日を決める
  • 借用書を作成する

【参考:親や兄弟からお金借りる際の3つの注意点は?贈与税の回避法は?

 

友達からお金を借りる場合

友達からお金を借りるメリットやデメリットには以下のようなことがあると言えるでしょう。身内と同じようにメリットはありますが、結果的にそれを上回るデメリットも存在するため充分な注意が必要と言えます。

 

また、時には長年培ってきた友情までもがお金の貸し借りのために壊れてしまうことも実際にあるため、それならば利息を支払ってでもキャッシング会社から借り入れをする方がおすすめと言えるかも知れませんね。

 

友達から借金する場合のメリットとデメリット

友達に借金するメリット 

親に内緒で借金したい時にも頼りになる

返済日については緩やかである(返済に遅れても待ってもらえる)

審査なし・利息を取られる心配もない

友達に借金するデメリット

友達にお金に困っていることを言う必要がある
返済に遅れると身内よりも更に大きな溝ができる可能性がある
友達に負い目を感じたり、上下関係ができてしまうこともある。

 

街やネットの買取りショップやオークションで物を売る

学生が手っ取り早く必要なお金を捻出する方法とは、やはり身内や友達から借金することと言えるでしょう。それでもその方法ではお金の工面ができない場合、次に考えることと言えば物を売ることかも知れません。

 

街にあるブックオフやハードオフ、リサイクルショップなどの実店舗ならばお店が開いている時間ならいつでも売りたい物を持ち込んで査定してもらうことができますよね。ですが、この実店舗への来店にはデメリットもありますよね。

  • 売りたい物を店に持ち込む必要がある
  • お店の営業時間内でしか査定を受けられない
  • 売りたいお店の選択肢が少ない
  • 納得できる値が付きにくい

 

このようなデメリットをカバーすることが可能なのが、インターネットを利用したオークション、買取ショップや最近人気となっている以下のようなスマートフォンアプリを利用したネット上でのフリーマーケットとなっているんです。

 

以下ではスマホから簡単にできるこの2つのフリーマーケットについて紹介していきます。

 

メルカリ(mercari)

学生でも時間や場所を選ばずに利用できるスマートフォンを利用して物を売る方法、特にこのメルカリ(mercari)の特徴は主に3つあるんです。

  1. 出品が簡単:スマホで売りたい物を撮影して説明を入力するだけ・3分で出品完了
  2. 素早く購入できるシステム:購入ボタンを押すと後は商品の発送を待つだけ
  3. 商品が豊富:新品も含めたファッションや雑貨・家電・本やマンガなど豊富な品揃え

【参考:メルカリ(mercari)ホームページ

このようなサービス内容から、メルカリは便利であり使い勝手の良さからスマホアプリは2016年9月の時点で5,500万ダウンロードとなっていて、国内で最大のネットフリーマーケットであると言えます。

 

会員登録料や会費など余計な費用が掛からない、お金のやり取りは仲介しているメルカリがやってくれるため安心という意味でも、メルカリの利用は学生の方にもおすすめできるお金の作り方の1つと言えます。

 

ただし商品が売れた場合、入金は即時という訳でなく毎週月曜日を締日とし、その日から4日後に振込みされる他、10%の販売手数料が掛かるため要注意です。(現金化には振込み申請が必要)

 

フリル(Fril)

出品した商品の販売手数料が無料ということで話題となっているのが、スマホフリーマーケットのフリル(Fril)です。

 

こちらもメルカリ同様にスマホアプリをダウンロードして利用するのですが、その数は2016年11月の時点で600万ダウンロードとなっていて、メルカリ程の規模の大きさはありませんが折角売れた商品の販売手数料を取られないということで、今後はどんどんとその数が伸びていくと言えるでしょうね。

 

フリルで売りたい物を出品して販売が完了するまでの手順は次のようになっています。

  1. 商品を出品する(出品商品を下書きに保存)
  2. 購入の申請があった場合には承認をする
  3. 商品の梱包・配送
  4. 購入者の評価をする
  5. 売上金を現金で受取る

【参考:フリル(Frilホームページ「商品を販売する」)

ただし売上金の受取りは、振込申請をした翌週の木曜日となりますので、最大で10日程の日数が掛かることになります。

 

学生でもカードローンやキャッシングでお金を借りるのはおすすめ

どうしても必要なお金を身内や友達から借りる、自分の物を売るなどの方法では用意できない場合におすすめなのがカードローンやキャッシングを利用してお金を借りることです。

 

借金をするというと身構えてしまう学生さんもいると思いますが、キャッシングとは言い換えれば金融機関からお金を借りることとなり、クレジットカードを利用してショッピングしたり、分割払いで新しいスマートフォンを購入するのと同じと言えるんです。

 

また即日でお金を用意したい場合には、今後の人間関係に影響することもある身内や友達からの借り入れや、商品の売り上げがあっても入金までに1週間程度の時間が掛かってしまうスマホのフリーマーケットでは、リスクや不便があり即日でお金を手に入れることは難しいため、やはり金融機関からの借り入れがおすすめとなります。

 

キャッシングやカードローンを利用すれば最短で即日の借入れが可能になるサービスもありますので、次でそのようなキャッシングサービスについて紹介していきます。ただし、その際には心配や不安になることもあるかも知れませんね。

 

学生のキャッシング、審査や親バレが心配?!

学生がキャッシングやカードローンでお金を借りる場合、心配になることと言えばこんなことかも知れません。特に初めて金融機関からお金を借りる場合には不安が多いことでしょう。

  • 学生でも審査に通ることはできるのか
  • 親にバレない内緒のキャッシングはできるのか

 

学生でも審査に通ることはできます

学生がキャッシングでお金を借りたい場合でも、一定の条件を満たすことができれば審査に通ることはできますよ。

 

学生が審査に通るために必要な条件とは

学生がキャッシング審査に通る条件 詳細

20歳以上であること

学生であっても20歳以上であることが基本

安定した収入があること

アルバイトなどで毎月一定の収入があること

信用情報にキズがないこと

携帯電話の分割払いで滞納がある場合は要注意

大学生は18歳や19歳の未成年から20歳以上の成人と色々な年齢の人が該当していますが、学生でもキャッシングOKとなっているキャッシングサービスでは基本的に20歳以上であることが条件となっているのです。どんなにアルバイトの収入が多くても未成年の利用は難しくなっているため、利用は成人してからということが言えます。

 

ただし、学生専用ローンでは18歳や19歳であっても高校卒以上ならば利用可能な場合もあるのです。またクレジットカードでも一部では18歳以上を対象に取り扱いをしているカードもあります。

 

18歳以上で利用可能となる学生専用ローン

18歳以上で利用可能なキャッシング 利用条件・詳細

アイシーローン(学生専用ローン)

首都圏に住んでいて安定した収入があること

カレッヂ(学生専用ローン)

日本国籍があり安定収入があること

フレンド田(DEN・学生専用ローン)

必要な書類の提出が可能で安定した収入があること

三井住友VISAデビュープラスカード

18歳〜25歳まで申し込み可能なクレジットカード

ポケットカード「P-ONEカード」

18歳以上申込み可能・年会費完全無料のクレジットカード

JMBローソンPontaカードVisa

18歳以上申込み可能・年会費永久無料のクレジットカード

【参考:学生ローン18歳未成年ok!学ロンの借入条件と審査!
    18歳未成年の学生でも作れるクレジットカード

 

これらのサービスでは20歳になっていなくても安定した収入があれば審査に通過することも可能ですが、ただしいずれにしても親の承諾が必要になり、18歳や19歳の未成年が親にバレないで内緒でキャッシングすることは事実上ムリと言えるでしょう。

 

また学生専用ローンならば未成年であっても比較的審査に通りやすいと言えますが、クレジットカードの利用については審査に通ることが難しくなっているということです。

 

未成年が親に内緒でお金を借りれない理由とは?

未成年のキャッシングでは親の承諾が必須となっていますが、その理由は以下の法律が関係していることにあるのです。親の承諾なしにお金を貸すことができない他、未成年の契約は解除できることになっているため、親が契約の取り消しをすることも可能であり、また未成年が既に使ってしまったお金を返済する義務もありません。

民法第5条第2項(未成年の法律行為)

  1. 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

  2. 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

  3. 第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

引用:民法条文解説

 

親にバレない内緒のキャッシングは可能、特におすすめは消費者金融

学生が親だけにはバレないでお金をを借りたいという場合、20歳以上の学生さんならば親どころか誰にも内緒でキャッシングすることは可能ですよ。

 

キャッシングやカードローン審査では職場への在籍確認が行われているため、バイト先に確認の電話がかかって来ることもあります。ただし、例えば消費者金融ならば個人名で電話をかけてきますので、電話を取った同僚などにキャッシングの申込みがバレる心配もありません。

 

また消費者金融ならば銀行カードローンの審査を受けるよりも内容が柔軟になっていますし、大手ならば30日間無利息サービスの利用も可能になっています。また審査結果が出るのも早いですので、それにより即日融資も期待できるのです。

 

また土日に急にお金が必要になることもあると思いますが、テレビCMでも有名な消費者金融ならば休日のキャッシングにも積極的に対応してくれますので、自動契約機の設置などを含めると非常に利用者寄りとなっているキャッシングサービスということができます。

 

と言うことで、ココまで学生がお金を作りたい時の対処法について解説してきましたが、それ程大きな金額でない場合で即日お金を捻出したいなら大手の消費者金融でカードローン審査に申し込みしてみることがおすすめとなります。

 

 

 

関連ページ

専業主婦におすすめのキャッシング、旦那に内緒で審査に通る方法!
主婦には旦那さんの収入だけでなく自分でも働いてお金を稼いでいる兼業主婦、働く意志があってもさまざまな理由により働けず、無収入の専業主婦と2通りのタイプがあります。キャッシング審査を受ける場合、この違いは大きく影響しますし、特に消費者金融の利用では夫にバレないキャッシングの不可にも関係してきます。
キャバ嬢のキャッシング、水商売でも借りれる?
キャバ嬢でも時には月の収入が激減してキャッシングしたいと思うこともあるでしょう。ですが、浮き沈みの多い職業であるため決してキャッシング審査に通りやすいと言えない部分もあり、審査に通るのか心配になることでしょう。コチラではキャバ嬢の方のキャッシング審査について解説していますので、参考にしてみてください。
フリーターはキャッシング審査に通る?ニートでもお金借りれる?
フリーターは就職をしている正社員に比べてキャッシングの審査に通りにくい傾向にあると言えます。更には20歳未満であることで利用できるサービスは限定的となるんです。どうしてもお金を借りたいのであればフリーターから正社員への転職が必要となります。
ブラックでも借りれる甘い・通りやすい審査はどこ!?
審査が甘い、誰でも審査に通りやすい金融業者は審査結果が心配な方には是非申込みしたい所と言えるでしょう。ですが、審査が甘い、ブラックでも借りれるということがどんなことを意味するのかを考える必要もあるんです。コチラでも審査が甘いことと、安心してお金を借りれることの関係性について解説しています。
家族・職場・親にバレないキャッシング、ポイントは審査と郵送物
家族や職場・親に内緒でキャッシングしたいこともあるでしょう。ですがその場合にはバレないように注意をする必要がありますし、そのためには電話と郵便に注意をすることがポイントとなるのです。
保証人不要で借りれるキャッシング、審査は通りやすい?
保証人不要でもキャッシングやカードローンでお金を借りることはできます。ですが、そのために銀行や消費者金融でお金を借りる際の条件が違ってしまうので、それぞれのメリットを考えながら借入先を選択すると良いかも知れません。
即日融資も可能な銀行カードローンの審査に通るには口座が必要?
銀行カードローンの審査に通るだけならば口座は必要ありませんが、その後キャッシングや返済に口座の新規開設が必要になる場合は多いです。ただし今は口座不要で即日融資を受けられる銀行もあり、口座の有る無しに関わらず便利に利用できる銀行も多くなっているのです。