MENU

1万円・3万円・5万円キャッシングしたくなるのはどんな時?

1万円程度の少額のお金

どうしても今すぐ1万円や3万円、また5万円という金額が必要という場面もあると思います。1万円〜5万円という金額が必要になる理由は、それぞれの金額により違って来るものですよね。

 

1万円・3万円・5万円が必要になる理由

金額 必要になる理由

1万円

  • 1万円あれば給料日までの生活費のやりくりができる

  • あと1万円あれば高性能の洗濯機が買える

  • 彼女へのプレゼントを買うのに1万円必要

3万円

  • ご祝儀費用に3万円必要

  • 3万円でビジネスシューズを買いたい

  • 引越し費用があと3万円足りない

5万円

  • パチンコで5万円無駄遣いしてしまった
  • 5万円のモバイルノートを買いたい

  • 旅行の予算が5万円オーバーした

このようなことがあると1万円〜5万円という金額が必要になることでしょうね。あと1万円あったら給料日での生活費が足りる、少し値段の張るビジネスバッグを買うのに3万円必要、5万円をパチンコなどのギャンブルで無駄遣いしてしまったなど、無いと困る・あれば助かるというお金でもあると思います。

 

1万円〜5万円のお金はどう作る?

1万円や3万円がどうしても必要になってしまった、できれば5万円欲しいという場面で、目的のお金を作る方法にはどんなことがあるでしょうか。

  • キャッシングを利用する
  • キャッシング以外の方法でお金を作り出す

もちろんキャッシングを利用すれば、最短で即日借入れも可能になるサービスもあります。ですが、1万円〜5万円の金額ならば、キャッシングに頼らなくても工面する方法はあるでしょうね。

  • 1万円:日払いのバイト、本やDVD・CDなどを大量に売る、親や友達・勤務先などから借りる
  • 3万円:ブランドや高価なモノを売る、親や友達・勤務先などから借りる、副業・在宅ワークで稼ぐ
  • 5万円:貴金属やレア商品など更に高価なモノを売る、親や友達・勤務先などから借りる

ただし、今すぐお金を用意したい時や売る物がない、日払いのバイト代では足りない、親や友達などでお金を借りれる人がいないなどの場合には、迅速な対応で即日キャッシングが期待できるカードローンキャッシングがおすすめとなるんです。

 

必要なお金が5万円以下ならばキャッシングがおすすめ!

1万円や3万円、5万円程度の金額ならば、何も金利を支払ってまでキャッシングする必要はないと思う方もいると思います。この金額ならばどうにかして自分力だけで捻出することができるかも知れないと考えるからでしょうね、

 

確かに、「1万円〜5万円ほどのお金なら工面できるアテがある!」という場合ならば、やはりキャッシングはおすすめしません。ただし、日払いバイトをする・モノを売る・親や友達などからお金を借りるなど、キャッシング以外での資金調達方法でお金を捻出をする場合、以下のようなデメリットも存在していますので要注意とも言えます。

  • 日払いのバイトでは資金が足りない場合もある
  • 思い出のモノを売った後で必要になったり、後悔する可能性もある
  • 親や友達・会社からお金を借りることで信用や信頼を失う危険性もあり、今すぐに借りれない場合もある

必要なお金が5万円以下であり、上記のことに該当する場合にはやはりキャッシングの利用がおすすめとなるのです。

 

1万円や3万円、多くても5万円であれば借りやすい!

キャッシングしたい金額が1万円や3万円、また多くても5万円程度の金額ならば、実はそれほど難易度は高くないと言えるんです。その理由として一番に挙げられるのはやはり少額であるということであり、貸す側にしても万が一の貸倒れのリスクを最小限に留めることができる金額であるということでしょう。

 

また、少額であれば返済がしやすいというメリットもあるため、お金を借りる側だけではなく融資をするキャッシング会社側でも安心して貸付けができるということになるのです。

 

そのため、一般的には10万円以下の借入れの場合、審査の難易度は高額利用に比べて低くなる傾向にあり、しかも迅速な借入れが可能になっています。(参考:3万円?5万円借りるのは、とってもカンタン!

 

以下では1万円や3万円、できれば5万円借りたい時のおすすめキャッシングについて紹介していきます。

 

5万円以下の即日キャッシング、銀行と消費者金融でどっちがおすすめ?

借りたいお金が5万円以下である場合、結論から言えばどちらも借りやすいということになるでしょう。銀行カードローンでも近頃は大手消費者金融が保証会社と審査を担当している場合もあり、そのような銀行であれば、最短30分での審査回答も可能です。更に、低金利であることから昔よりも敷居が低くなっているとも言えるでしょう。

 

ただし、やはり銀行の審査は消費者金融よりも審査項目が多く、その基準も厳しくなっています。低金利であるというメリットは、逆に審査に通りにくいというデメリットと背中合わせになっているのです。

 

それに対して消費者金融ならば、銀行よりも金利が高めになっていますが審査の厳しさについては銀行よりも若干柔軟となっています。ただし、注意したいのは消費者金融だから審査が甘いということは決してないということです。

 

返済の延滞などで信用情報にキズのある人は審査に通ることは難しくなりますし、安定した収入のない人もはやり審査に落ちる可能性が高くなります。要するに返済能力の低い人は消費者金融でもキャッシングは難しいのです。

 

ですが、このように審査に落ちる要因がない人であり、即日融資を希望するのであれば消費者金融がおすすめとなります。

 

信用情報のキズとは

延滞などの良くない情報(ネガティブ情報、金融事故情報)が信用情報についている場合、新たに信用取引を行う時に不利に働く場合が多いです。信用情報の傷つき具合にもよりますが、以下のような弊害が起こります。
  • クレジットカードに新たに申し込む事が出来ない
  • クレジットカードが自動更新とならずに有効期限で契約終了となる
  • (更新日になっても更新カードが届かないなど)
  • 住宅、自動車、教育などのローンを申し込む時に審査で落ちる可能性が高まる
  • 携帯電話の機種代分割契約や、通信契約が出来ない
  • カードローンが利用停止になる
  • クレジットカードが使用不可となる
  • キャッシング枠の増枠を断られる
  • キャッシング枠がなくなる

【引用:信用情報が傷ついているとどうなるか

 

消費者金融は金利が高いから心配?5万円以下ならば利息はわずか

「銀行の金利は安いけど、消費者金融は高い」、これが一般的な金利についての認識かも知れません。確かに高額のキャッシングならば、最高金利で4%程の開きがあるため利息の差が非常に気になってしまうことでしょう。

 

ただし、1万円や3万円、5万円ほどの借入元金に掛かる利息は以下のように少額であり、銀行と消費者金融の金利の差をそれ程感じることもないと思います。

 

1万円・3万円・5万円を30日間借りた時の利息とは(円未満切捨て)

借入れの金額 銀行の利息(14%) 消費者金融の利息(18%)

1万円

115円

147円

3万円

345円

443円

5万円

575円

739円

このように5万円以下ならば利息の差は多くても164円であり、金利差を気にするよりも最短30分の審査・最短1時間の融資、自動契約機からの即日カード発行可、銀行よりも柔軟な審査内容など、銀行よりも貸金業を専門としているカードローン会社の利便性の高さを優先する方が、おすすめと言えるでしょう。

 

 無利息サービスを利用すれば利息0円になる場合も!


アコムなどの有名なカードローンサービスならば、30日間・1週間などの無利息サービスがあります。初めて利用することや一定条件のクリアなど、利用にはある程度の制約がある場合もありますが、それでも利息なしでキャッシングしたい場合には便利なサービスとなりますので、おすすめです。